nishikawa days

2017年05月
2013年06月
2011年01月
2010年03月
2009年10月
2009年09月
2008年09月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年05月
2007年03月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月

過去の日記
BlogPepleに登録
MyblogListに登録

05月16日
「T.M.R. LIVE REVOLUTION’17 -20th Anniversary FINAL-」

なんと、4年ぶりの投稿です。
その前も2年空いていてなんともひどい有り様ですが、若干の心境の変化はありながらも西川活動はすっかりライフワーク化し、ライブはあちこち参加しております。旅行がてら遠出も楽しんでるし、イナズマも毎回行ってますよー。

というわけで、西川さん、20周年に向けたイヤー&20周年イヤーお疲れさまでした! そして21周年おめでとうございます、22年目も一緒に楽しく歩ませてください!(すぐに25年目へのプレ・イヤーとかが来そうですが(’▽’))

さて、久々の更新のきっかけのひとつはスーパーアリーナに行った記憶がprogressのアリーナツアーで合ってるのかを自分のサイトで確認しようと思ったからなのだけど、以前古い記事は非公開にしてしまったので、参加したリストにはあるけれど内容は見られない状態になっていたのでした。記録としてまた見られるようにしてもいいかな…などと思いながら自分用のバックアップを確認……

っと……これが黒歴史というものか。。。

貴教呼ばわりと、西川さんのやることなすことにわめき散らしているのが目に余り、これは…だめだわ。

でも、あの時期があっての今なんだよな。いま思えば西川さんにもいろいろあった中であり、私(たち)の納得いかないことがあっても不思議じゃなかったのかもしれない。

そんな、お互い平坦な21年ではなかったけれど、常に前を見て上を目指す姿を頼もしく誇らしく思う「今」に辿り着いて、ファンとしての幸せを感じたさいたまでの公演でした。西川さんはみんなのおかげっていうけど、西川さんだからだよ!

───
ちなみに更新のもうひとつのきっかけは、まだ現役ですよ! の報告。
また定期的に更新するかはわからないけど、TwitterやFacebookとは違う書きやすさは改めて楽しいかもしれないなー。



06月06日
T.M.R. LIVE REVOLUTION'13 -UNDER:COVER2- NHKホール1日目

心配で行ってきちゃったw
何事もなかったかのように、いい声聴かせてくれました。一安心。
見事にいい声。
MCもやっと力の抜けたいつもの感じでリラックス。
これで再びまったりファンに戻れます(笑。

「古株」がネットでカタカタカタカタと文句ばっかり書くの嫌!って言ってて耳が痛かったけど(笑)、少なからずこっちを向いてくれているんだ、と前向きなことを言ってくれたので、座間の分は消さずに置いておくことにしよう。ハハ、、



06月05日
T.M.R. LIVE REVOLUTION'13 -UNDER:COVER2- 座間初日・2日目

あからさまなネタバレはないですが、未見の方と初日を楽しまれた方は見ない方がいいかもしれません。

座間初日を終えて。

ものすごい拒否反応、全く受け入れられない。
これは大変なことになった。
これまでが好きだっただけに、絶望感。終わったか、という悲しさ。

最初は映像に突っ込みをいれたり爆笑しそうになるのを必死にこらえたりと余裕があったけれど、途中から全く笑えなく。

映像に1曲ずつ組み込まれてるから、ライブ感はないし、(今までの)西川くんのライブの良さが全然感じられない。 本編全てがそれ。

これまでも宗教ぽいよねと笑っていたけど、あの世界観にリアルな宗教ぽさを感じて、もうどこへ向かっているのかと。

カラオケが多いのも興ざめ(これはコラボものが多いから仕方ないし、やる前からわかっていることではあったけど)。

MCも、こちらの反応を見つつのチグハグな印象。無理に和ませようとしても空回り。痛々しくみえるくらい。

アンコールの曲も、アレンジへの文句というわけじゃなく、ああいうのは今までのT.M.R.イズムになかったじゃんと思い、ネガティブな気持ちに追い討ちをかける。

でも、とにかく西川くんが本気なのはわかった。やりたいことをやってるんだよね。それが受け入れられないのはもう仕方ない。自分がおとなしく身をひこう。今回のツアーがたまたま自に合わなかっただけ。また次のツアーにくればいい。むしろ、この反応がわかっていながら具現化して決行する西川くんは凄い。一応誉めて、いる。

初日だからとかじゃなく、今回のは何度来ようと変わりようがない。旅行を兼ねてとはいえ、この気持ちのまま、遠出まで…できない。。

しかしさっそく明日のチケットがある。
とりあえず、もう一度見て考えよう。

…ただ、笑いをこらえながら聴いたO.L.が絶品すぎた。ラストリゾートやvestegeなどバラード群も良かったけど、いかんせん爆笑映像に挟まれていただけに、本当に勿体ない。

ほか、魔弾など、歌い崩しや客席に振ることが少なくて、初日の気合いのようなものも感じた。

そして好みはさておき、映像に挟み込まれている曲が案外リンクしていて、映像のために曲作ったのかと思うほど、といったら完全に言い過ぎだけど(笑)、こんなうまいこといくんだと関心した。確かにガンダム絡みとか世界観の近い曲が多かったんだなぁ。

あとは、最近のモニターってホントきれいね。vestageの終わり方が映像とシルエットが重なってキレイだった。


座間2日目。
自分への(今回のツアーについての)最後通告のつもりで参加。

…んー?!
なんか、力強くていい歌いっぷり。。
昨日は映像に驚きっぱなしで、半分も西川くんのこと見ていなかったんじゃないかということに改めて気付く。

昨日、もったいなかったな。(でも映像に気を取られすぎて、、)

一度見て映像への驚きが薄れた分、歌がちゃんと耳に入ってきて、気持ちが前のめりになっていく。

昨日とまったく違う方向に気持ちが揺さぶられ、戸惑う。あ…あれ?

昨日からの自分と独裁の歌詞とがリンクしすぎて笑ってしまった(笑。

2、3曲目で、思わず隣の友人に「なんか、いいね」

…と言ってすぐ、あれ、声悪そう?と感じ、そこからあっという間にガラガラ声に。

や、これはヤバそう。いつぞやのイヤカンを思い出した。私が聴いたなかで三本の指には入る酷さ。

しかし演出上、水分を取るタイミングがない。持ち直して!と念じる。

こんな声は聞きたくないし、今日だけの人に、この声の記憶で帰ってほしくない。心の中で、頑張れ頑張れ頑張れと何度も唱えて少しでも回復するのを願った。

(この辺から、昨日とは気持ちの状況がだいぶ違うよね。。)
(…完全に母性本能?をやられてるよね。。)

ようやく引っ込んで持ち直したと思っても、一曲の半分くらいまでくるとまた声が出なくなってくる。

しかし2日目からこれはよろしくないな。。と思わざるを得ない。酷い。

アンコール後のMCは何もしゃべらず客席を煽るだけ。それでも上手く場はもったし、昨日みたいな変な空気のMCがあるよりよかった(笑。

話すときと歌うときとじゃ声の出し方が違うというけど、この時はただ発声するのをセーブしてるのかな?くらいに思っていた。

しかし前日どおりの2曲のあと、擦れる声で「こんな声で申し訳ないけど」と、初日にはなかった曲を追加。

無理してるのは誰もがわかっていて、歌わせる部分も増える中、頑張ってシャウトしたり、が痛々しくも、気持ちが伝わってくる。

プロとしては全然ダメなんだけど、ピンチの時に出る必死さが命のきらめき(←クサいな…)を放っているよう。

どん底に落ちた自分が復活するには十分有効な荒療治であった。

で、一連の流れの中で生まれた一体感ももちろんあってそれがtwitterでも拡散されているけれど、
プロ失格の出来事をあまりに美談化されているようでちょっとモゾモゾもする。。

本人の立場からすれば本意ではないはずだし、褒められたことではないから。。

嫌な言い方だと茶番のようで。

まぁ、多くの言葉はなくても、繋がった感があった。
結局、私の求めていた「T.M.R.のライブらしさ」が生まれることになって、結果オーライということか。

いや、こんなのはホントはダメなんだけど!

って、そう頻繁にあることではないし、堅苦しいことはまぁいっか。

最後、何度も何度も長い時間頭をさげ、こんなステージで申し訳ない、やらせてもらって感謝、のセリフで、これはもう完結。

そして、ショックを受けたり戻ってきたりを未だに繰り返した(しかもたった2日で)自分にゲンナリ。
ここを長い間放置するほどまったりとファンをやってるつもりだったのに、こんなに振り回されてしまって、何も変わっていない。。だめだこりゃ(笑。



01月04日
武道館2Days終えてつらつらと

西川さんの、夢を見る力とその実現力は凄い。

無理なことや我侭なことも言っていそう(?)だけど、周りを説得する力があったから今がある。

ただ、元日の"怒られた"件。
「T.M.R.は誰のものでもない。自分とお前らのもの」と言っても、T.M.R.は私たちだけの趣味ではない。これからもこの関係を続けられるようにするのは西川さんの役目なのだから、やっぱり大人気ない発言はちょっと恐いのよね。

「大人気ないのも個性だし」と、片付けられない。
西川さん本人のためにも、自分たちのためにも、周りとは信頼関係を壊さず、うまくやっていて欲しい。何かのときに力になってくれる人たちを沢山持てるように、丁寧に戦って欲しい。

と、正月早々、うっかり堅いことをぼんやり思ったのでした。

…ともあれ最初に書いたとおり、夢を持つ力と実力とパーソナリティ、は、すごく頼りになる強みだ。



01月03日
T.M.R. NEW YEAR PARTY’11 LIVE REVOLUTION

明けましておめでとうございます。
更新滞っていますが、2011年うさぎ年、です。念のため;

T.M.R.武道館2Days終了。
一人玉手箱というか、玉虫のようというか、万華鏡のようというか。西川さんは、良くも悪くも(悪くも?)、改めて多面的すぎる人だったなぁ。

とりあえず、IKUOさんに「T.M.Rの“R”はR指定の“R”」と言われた通り、書き起こせないほどのMCの下ネタ酷さ(あの流れでhearは無理…)が悪い意味で印象的ではありますが、それとは別次元での、圧倒的な西川っぷりは、健在で。懐かしさが過去を美化してしまうのかもしれないけれど、元日の「陽炎」、2日目の「月虹」、あれはキたなぁ。99年当時、-eの意味は後からわかる的な話(忘却)が今に繋がっているのかはよくわからないけど、ひたすら感慨深く、涙腺まで刺激され。

97年、テレビの歌番組でWHITE BREATHを魂吐き出すように歌っていた姿でファンになった私としては、1曲通してその声と姿が堪能できた「月虹」は素晴らしかったなぁ。“単調”という声もあるかもしれないけど、私には至福の時でした。

そして、“ピンクのうさぎ”の進化形らしい、バニーガールならぬバニーボーイならぬバニーフェアリー(…。)の格好で、まさかの「Salsa Bazaar」を、2.5次元のお友達キティちゃんやマイメロディと一緒に歌い踊る40歳。

どれもが同じ人ということに眩暈がしそうだけど、そうだった、この人が西川貴教なのだった。“諦めて”、“全部受け止めて”とは常々言っているけど、諦めて全部受け止めている私たちみんな。愛なのだなぁー。

その他。

1日目は2階席(ステージ寄り)、2日目は1階席(正面寄り)。1日目の方が近く感じるくらいだった。

今年の初笑いは、柴さんの桑田圭佑の物まね。斬新というかなんというか。すごいなぁー。帰宅後、テレビから桑田さんの歌が聞こえて思い出し笑い。

SUNAOさんの「エビドリアー!!!」、西川さんの軽蔑の眼差しを受けながらも2度3度繰り返す姿に、SUNAOさん強くなったなぁと。

「雪幻」、語尾の伸びが99年と違って気持ち良かった!当時は、音が上がりきらない気持ち悪さを毎回感じていたけど、真央ちゃんのトリプルアクセルが決まったようなスコーンとした爽快感。

ちなみに「雪幻」、ステージから沈んでいく姿を2日とも見逃し。うっかり雪の特効を見あげた隙に…。

-eの曲は、髪が長かった頃の姿と一緒に思い出され。



03月24日
『ザ・ミュージックマンのオールナイトニッポンゴールド』終了

『ザ・ミュージックマンのオールナイトニッポンゴールド』 という名の西川貴教のオールナイトニッポン。

rajiko&rajika(録音)、ラジオ&MDの2台体制で聞いてました。

こんな無茶苦茶やってたら、そりゃやめさせられるわ!ってくらいの大人のいたずらっ子っぷり炸裂。赤い線入りの台本"が登場した23時以降の本領発揮に身震い。(こんな人が身近にいたら嫌すぎるw。)や〜、ラジオいいなぁ〜〜〜!!!

西川貴教のオールナイトニッポンサイト内の、写真で振り返る現場レポートが楽しい…。



03月11日
『ザ・ミュージックマンのオールナイトニッポンゴールド』 ※追記あり

とりいそぎメモ。

西川貴教がお送りする
『ザ・ミュージックマンのオールナイトニッポンゴールド』
放送決定!

2010年3月23日(火) 22時〜
http://www.allnightnippon.com/nishikawa/

追記)

というわけで、ご無沙汰ですが
この辺 ↓ は参加してました。

★2009イヤカン(東京)
★2009-2010カウントダウン
★2010元日公演
★a.b.s. JAPAN TOUR 2010
 (東京2日目、新潟、高知、広島)

武道館での2Daysは誇らしかったなぁ。
元日公演の“シングルを順番に”のセットリストは節目的で感慨深く、これを10周年の時の武道館でやってくれよ!と思ったのでした。

a.b.s.ツアーは(まだ幕張を残してますが)、非常に楽しく!
旅も楽しかったけど、ライブ中も楽しすぎて泣くかと思った(笑。個人的には特に高知、バラード系もMCもいらないからこのまま永遠に飛び続けたいテンションに。。。ほんと、やめられないねぇ。。

で、オールナイトニッポン!
「ザ・ミュージックマンの〜」っていうのが、いけずぅ〜って感じですが、ビタースウィートサンバに乗った西川くんの声を想像して泣けそうです。そして、ルーシーはムーンフェイスの後の時報とともにラジオの前でポツーンとなってる自分も想像できて悲しい…。

とりあえず、メールとかしよう!
今ラジオ業界も不景気ぽいよね。
こんなにラジオで興奮してるファンが多いってこと、ニッポン放送に伝わってれば、この先、ナシじゃ無いと思うのよね。



10月30日
恵比寿7Daysを終えて

とりあえずメモ。

恵比寿7Daysは19日・26日・27日の3回参加してきました。…と書くはずだったのですが、追加分が何度か出て、行けば見られる嬉しさ半分、立て続けすぎて懐が痛いのが半分で悩むこと度々。全部東京だっただけに、他県の方からしたら贅沢な悩みですよね…。

結局、29日も急遽行ってしまいました。

というわけで、
終わってみると、一度通るべき道だったんだと思える意味のあるライブ達でした。
強行軍だけど、効率のいい意識改革と言えるんだろうと思えて、この選択(?)をしたことに拍手。やってくれてよかったし、むしろやってなかったらどうなっていたんだろうとすら。

本人も言っていたように、1日1日違う感覚と収穫があって、1日毎に意識の変化があったんだろうなぁ。全部行ったわけじゃないけれど、自分にもすごく伝わってきたし、いい意味で気持ちってまだ変われるものなんだと実感。

イナズマでTMさんの決意表明みたいなものを見たけれど、今回はa.b.s.の決意表明を見せられた感じでした。

今回、恵比寿と原宿だけだったっていうのが、本当に残念でもったいない。

これからのヨーロッパツアーで、どんな風に揉まれてくるのかわからないけれど、この7Daysで得たものを持って頑張ってきて欲しいです。←偉そう、かつ、ファンぽいですが(笑)、早くも凱旋ライブが楽しみ。

---
冷静なところでいくと、a.b.s.の曲はどれも平均的に好きだったのだけど、今回行ってみて「あ、この曲好きなんだ」と思えたりしたのも収穫の一つでした。これからa.b.s.のライブに行く楽しさが増した感じ。

あと、全く気にならないから気にもしていなかったくらい、喉の疲れを感じない。私が聴いた中での最悪は2年前くらい?のイヤカンなのだけど、あれは幻聴だったのではと思うくらいの良い声。ホントね、アーティストとしてのこういう根本的なところが凄いというのは、ファンとして誇りです。強行軍もまだこれからが本番だろうから、まだ心配ではありますが。


しっかし、最終日、暑かったなぁぁぁ。サウナの中でライブやってるみたいでした。手がぼんやりふやけた。



10月23日
一夜明け。

なんだろ、このライブに飢えている感じ。懐かしい。
仕事中、頭の中でa.b.s.の曲と昨日の残像がぐるぐるしてます。(でもちゃんと仕事してるよ!)

SUNAOさん、昨日「今までのライブの中で一番楽しいかも!」って興奮していてかわいかったけど、自分のブログとa.b.s.の日記を更新しているのを見て、こっちまで超嬉しくなったよ。

西川さんが「この状態が理想、これをヨーロッパでもやりたい」っていうのも嬉しかったなー。

西川さんにもいろいろあるのだろうけど、毎回こんなライブやってくれるなんて、やっぱりプロだなぁ。



10月22日
a.b.s.恵比寿7days & FC限定ライブ

恵比寿7days初日と今日のFC限定に行って来ました。

帰宅中メモ。

恵比寿では、小さな会場に歌と演奏がパンパンに満ちてる様子がまるでカラオケみたいで。突然天井がなくなって広い会場になっても通用するだろうのものが、とても贅沢でした。でも、ライブハウスでの強行軍の理由もすごく伝わって来て、とても頼もしかった。

そして今日。更に狭い会場。真ん中の段差辺りで割と快適に楽しんで来ました。暑さも混み具合もそこそこ。西川さん、ウチのリビングより狭い、広いカラ館みたい、って(笑)。確かに、西川さんが台に乗って手を伸ばすと、天井に手が届きそうだった。

始まる前は体力持つか不安だったけど、客電が落ちて、沢山の手越しに見えるステージを見たら自分の予想以上に体力復活。ライブ中も、疲れながらも歌でパワー補給されて、いつまでも居られるし、居たいと思ってたなぁ。

ライブハウスでやってくれてよかったな。
TMさんのライブはホームだけどabsのライブはアウェイな感じが拭えないままだったのが、ようやく辿り着いた。

そして改めて、この人のバイタリティーとか、動ける感じとか、すごいし誇りに思えるんだなぁ。

二度目のアンコールには初披露曲のプレゼントも。
個人的には好きな感じです。

あとは・・
MC中に、なんか武者震い?身震い?…違うな、何かモゾモゾ震えてるのがかわいかった(笑。柴さんのパーマもかわいかったな〜♪

そういや、夕飯食べてないの思い出した。
今日一日、昼のグラコロ1個(単品で)しか食べてない。アワワ。



09月23日
イナズマロックフェス メモ

ちゃんとまとめられてませんが、ざっくり覚え書きメモ。

イナズマロックフェス、2Days行ってきました。

"西川フェス"、こんなに楽しく不思議な気持ちになるイベントになるなんて、想像してなかった。終わって欲しくない!と、楽しさとしんみりが共存する、本当に幸せ〜な場所でした。

行くまではどんなイベントになるのか想像つかなくて、淡々とアーティストが登場してそれなりに盛り上がって、物産展と言っても屋台が多めに出てるくらいかなーとか大きな期待をしておらず。西川さんの誕生日の滋賀イベントだから、義理で行くみたいな。。

しかし、そんなの本当に失礼な話で。
草津駅についた途端、自分の想像していたものが全然違っているのを目の当たりにして喉の奥からむせび泣きそうになってしまった。

沢山の人の流れと臨時精算所の設置や"帰りは混雑します"のアナウンス、構内に掲げられた誘導用の看板、駅の観光案内で地図の配布、シャトルバス乗り場への誘導のために点在するスタッフの人たち。

"西川くん主催のフェス"にこれだけ現地で人が動いていること、ましてやその"現地"がこの滋賀であることに、なんとも言いあらわせない感動のような気持ちが湧き上がってきたのでした。

そしてこの駅で感じた気持ちは、この2日間のあいだで何度も感じさせられることに。

徒歩10分、じゃないだろう、と思えた地味に長いシャトルバス乗り場への道のりも、細かく配置された係の人が声出して誘導してくれていて、それも皆さん感じよく、人の温かさを感じたり。普通のライブじゃこんなの見たことなかったし、他のイベントでも、係の人は普通に自分の仕事をこなしているだけっていう感じしか受けてこなかったからなぁ。(それはそれでも構わないのだけど)

バス乗り場で買った往復チケットもロゴ入りでわざわざ用意されていたり、バスに揺られて到着した会場でも、立派なゲートにかわいく作られたタイムテーブル、そして想像の5倍(自分の想像比)の出店など、いちいち感動したり驚いたり。なんだよー、こんなにちゃんとしてるなんて想像できてなかったよー・・・。

…と、こんな話に終始してしまいそうになるのだけど、人だけでなく、天気までも味方してくれて、本当に気持ちも身体も清々しい気持ち。そう、天気も何てよかったんだろう。焼けそうな日差しながらも、木陰はカラッと涼しい風が抜け、ハワイみたいなリゾートな気分(いいすぎ?!/笑)。

日中はその日差しと暑さを避けて、客席後方のピクニックエリアでのんびり楽しんだり、飲食ブースでウロウロしたり。ワンマン野外ライブじゃできない楽しみ方ができてよかったな。この出店、終演後も開いていたので夕飯にも利用させてもらいました。ビール飲んだりしながら余韻楽しめてよい感じ。

360度の空、頭上には雲もなく綺麗な晴天、そして夕焼け。紫がかった澄んだ青からオレンジが濃くなって行く中、空の高いところを鳶がまるで凧のようにスィ〜っと気持ち良さそうに飛び、山の裏に日が落ちると逆光で山の縁がクッキリと見えて、、こんな綺麗な温かい夕焼け、見たことあっただろうか。

と、この夕焼けは1日目だとUverの時間帯に当たっていたので、西川ファンとしては惜しいところではあったのだけど(笑)、日が落ちると逆にステージからの光と音が暗闇に放出されているのを実感したりと、ほんと、気持ちの良い野外ライブすぎた。しつこいけど、本当に気持ちよかった!

暗闇を背にabingdon boys school登場。

イベント自体は1日目の終盤を迎えているとは言え、当の西川くんが初めて姿をあらわすのはこの時。お呼ばれのゲストじゃない、責任あるパフォーマンスだなと緊張。

「LOST REASON」でmicro君登場。このコラボもよかったけれど、以前microくんの代わりにTAKUYAくんが出てくれていただけに、ちょっと微妙な感じだったりしないのかしら…?と思いきや!レコーディング前の新曲とのことでTAKUYAくんステージに登場。フェスならではのコラボがわずかながらも実現されていて嬉しく楽しい。そして、TAKUYAくんといる西川くんを見ると、だてに13年、20年やっていない貫禄のようなものを感じつつ、でも対等に戦うような歌いっぷり。(社長とパフォーマーを兼ねている風貌にも見え、頼もしいような、ちょっと寂しいような)

MC中だったか曲中だったか、西川くんを菩薩のような表情で見る柴さんがかわいかったな〜。

そしてもう1曲、この場所を思いながら作ったという新曲。初日を振り返りつつ、いろんな感情がよぎりつつ。

2日目、初日同様の見事な晴天。
前日同様、ピクニックエリアや屋台付近を行ったり来たりしつつ。
途中、石川さん達のいるブースをたまたま見つけ、本間さんぶるんさん含め一緒に写真撮ってもらったり(笑。いい記念だ。

そして日が落ちた頃、T.M.Revolution登場。
どんどん気温が下がって、薄手の長袖を羽織っていてもかなり涼しい。というか寒い。
1曲目、resonance。あまり得意な曲ではないんだけど、とりあえず寒さを吹き飛ばすため必要以上に身体を動かす。と、なんだか必然的に(?)楽しくなってきちゃって、その後の怒涛のザ・T.M.R.曲がとにかくひたすら楽しい。セットリスト的には全く新鮮さのないマンネリなものなんだけど、これが私の青春だったんだなーと思いながら、それは過去形ではなく今でも何度何回繰り返しているものだったなぁと何度目かの実感。何年か前まで感じていた、気持ちが無になる楽しさをもう一度感じられて、この二日間感じていた感慨的なものを感じる間もなく、楽しんでいる事に支配されていた。数年前となんら変わらない気持ちが自分の中にあることにちょっと驚きもした。しつこいが、本当に楽しかった。変わり映えのないセットリストなのに・・・(それもしつこい)

そしてMC。

「じいちゃんに見せたかったなぁ・・・。見てっかなぁ・・・。」のセリフにはまた涙腺を緩ませられる。

妙に「区切り」的なセリフが多く、「え、まさかT.M.Revolution終了?」とも思えなくない妙な言葉選び。そして出てきたのは、想像とは真逆のもの。まさかの新曲。前日のa.b.s.では新曲が2曲あったけれど、まさかTMさんで新曲をやるなんて120%想像していなかったからめちゃくちゃビックリした。まさかすぎた。

いつぞやのサマクラで、「これでTMさん休業か」という時は、これからの明るい未来を思ってワクワクしていたのだけど(それはSEEDでめためたに崩されることになったのだけど)、今回の「まさか」が真逆だったことには超安堵したのでした。私、どんだけT.M.さん好きなんだろう。a.b.s.があろうが、やっぱりTMさんにはTMさんらしく活動していて欲しい。未だ私はa.b.s.に馴染みきれず、T.M.さんが心のホームなのだよー。

アンコール。
イベントをやるにあたって心の支えになってくれていた人と中継が繋がっています、とモニターにさんまさん登場。

・・・後ろのシルバーの幕がアヤシイ。これは、来てるな!と半ば確信しつつ、しかし忙しいさんまさんがこの琵琶湖のほとりまで来るものだろうか???とも。しかし、本当に来ちゃっているんだな。ステージの奥から現れた姿に大きな歓声。まさかのサプライズにテンションも上がる。テレビと変わらない二人の掛け合いにほっこり。さんちゃんのあの引き笑い、生で聞けるなんて!笑。

そしてさんまさんとハイプレを踊る西川くんのかわいいこと。ちょうど目の前で見られて嬉しかった〜。

MC中だったか曲中だったか、西川くんを菩薩のような表情で見る長谷川さんがかわいかったな〜。

ラスト、お礼の言葉とそれはそれは長いお辞儀。

「ザ・西川フェスin滋賀(しかも誕生日)」の感じ満載だっただけに、他のアーティストのファンの方にはどう思われたイベントかわからないけど、出演者、スタッフみんなの温かさを感じて幸せなイベントでした。あの西川くんが主となって、県を巻き込んでのお祭りみたいなイベントを作ったこと、来てみてはじめて"凄い"と思った。…思うのが遅すぎですが。。

終演後の花火。
湖面に付きそうなくらいの大きな花火。空気が澄んでいるからなのか何なのか、花火の火花が繊細に見えて、こんなに綺麗な花火を見たことがあっただろうか、と。


全て、想像よりもよくできていて、驚いた。

音響も、"野外だからこの程度だよね"っていうストレスを感じることなく、歌声も嘘のようにクリア。

トイレも酷いほど並ばず、屋台もさほど並ばず(サラダパンは行列にすらお目にかかることができないまま完売していたけど)、ブロック内もゆったりめで、全体的に快適。進行もタイムスケジュール通り。むしろ前倒し気味で、しっかり20時に終わるという。

転換時に登場してくれたお笑いの人たちも、最初に出演が発表された時は"なんでお笑いの人が?"と印象が良かったわけではなかったのだけど、滋賀出身のナベアツ氏やムーディー氏の登場は思いのほか楽しく和める感じで、"転換の待ち時間長いな〜"という思いも緩和されてよかったのでは。あ、早めの時間には大岩正志氏も。生ローズが見られたのは自慢だ(笑。

とにかく、西川さんお疲れさま。めちゃめちゃ楽しい夏の思い出ができてよかった!

一ヶ月くらい前に、「客が座敷に20人しかいない」という夢を見たのだけど(なぜ座敷)、正夢じゃなくてよかった(笑。



09月20日
イナズマロックフェス

西川ファンをやってきた中で、こんなにインパクトのあるイベントになるとは思ってなかった。

めちゃめちゃ楽しかった!



09月15日
T.M.R. LIVE REVOLUTION '08-'09 「転生降臨之章」 初日 群馬県民会館

2年ぶりのツアー、行ってきました。
最近はほとんどライブハウスだったから、ホールクラスということで「ツアーが始まるんだなー」と実感。

しかし、a.b.s.のツアーから1ヶ月余り、175Rのイベントや沖縄turbo surfも控えていたりと、素人目にはツアーにどれだけの労力が割けているのかという疑問が。実際FC仕様のチケットが間に合っていなかったり、グッズも間に合っていなかったりで、過剰な期待はしないほうがいいだろうなーと思ってました。turbo-webとかで西川さんから具体的な進行状況が配信されていたら想像も膨らむんだろうけど、そういうのもなく、期待の仕方もわからない、ような。

「突貫工事的なグダグダさだったら嫌だなぁ」「(悪い意味で)そこそこ無難な感じかなぁ」

そんな、ぼんやりした不安も抱きつつ。



いやー、チームT.M.R.を甘く見てた…。
新曲がほとんどない状況で、こんなとんでもない方法で焼き直しをしてくるとは(笑。

UNDER:COVERツアーも度肝を抜かれたけど、アレで免疫ができたはずの身体にも更に衝撃が。無茶苦茶なB級っぷりに感動すらしてしまいそうに。これ、本気で狙ってこれをやっているとしたらすごいな。。

かなり長く感じた前編を過ぎ、後半はいつもの西川さんが戻ってきて胸をなでおろす。あのまま終わっちゃったらどうしよう、って焦ったよー。後半は特に新鮮な流れはないけれど、“T.M.Revolutionのライブってこんなだよね”っていう安心感のある選曲。

全体を通して特に大きなアレンジはなく、その点は(いい意味で)安心感があってよかったです。好きな曲も多かったし、結構満足感のあるセットリストだったなー。まぁ、歌どころでなかった場面も多々ありましたが(笑。

当然賛否両論あるでしょうけど、個人的には無茶苦茶っぷりが面白かったです。好きな曲がまともに聴けないというツラさも確かにありますが(笑)、まぁTMさんだし、いろいろやっちゃってくださいーって感じです。全編に渡ってだとさすがにあれですが、半分以上は相変わらずの西川さんなのでOKかなと。

ひとまず、B級的とはいえここまで趣向を凝らそうとしていたこと、初日の幕が開いたことに拍手をば。

帰りの新幹線は、数量限定のだるま弁当を食べながら。かなり美味でした。

----

個人的近況としては、match upは東京・仙台・東京に参加。resonanceのサイン会はハズレたので不参加。175Rのも不参加。沖縄turbo surfも不参加。ツアーも年内は群馬以外全部落選したので、友人に頼ったりしつつ参加したりしなかったり、かなー。ちょっと遅れの夏休みを取って、たー坊ちゃんとは違う南の島へ行く予定。



06月01日
「コラソン de メロン」初日(舞台挨拶)

「コラソン de メロン」、初日見てきましたー。
舞台挨拶の回の発売時、運良くサクッと西新井のチケットが取れたので、ちょっと横浜の様子をクリックしたところこっちも取れてしまい(・・・と言っても、エラーに翻弄され拷問のようだった)、友達がお台場を取ってくれたので、3回も観てきちゃいました…。まさかハシゴするなんて思ってなかった( ̄ー ̄;;;

結果的には、3回観られて良かったなーと思ってます。
舞台挨拶的には、会場の雰囲気の違い、観客の雰囲気の違い、出演者のテンション(?)の違いなどが見られたのが面白かったけれど、単に映画を2回以上見るという点でも、観方も変わって新たに楽しめました。77分だからラクに観られるしね。

以下、ネタバレしちゃうので何卒。

西川さんの演技は相変わらずちょっと気恥ずかしいのだけど、それでも十分上手なんだろうなぁ。下手なアイドルの“とても観ていられない感”はなくて、わかりやすい“笑い”もちょいちょい挟まれているので、結構楽しく観られました。

コメディだから、間の取り方とかはさすがうまいのだけど、逆にいえばラジオやバラエティで見せる“西川さんらしさ”が出ちゃってるかなー。劇中での風貌がモロ“西川貴教”だから余計にね。ちょっとオーバーな表情やリアクションは、わかりやすく笑えるところになっていて悪くはないかなと。映画全体を通してのヒロミ像としてはややしっくりこない所もあるように感じたけど、愛すべきダメ男になっていたと思います。

西川さんの裸が白くて「見てはいけないもの」のようだ。
泉の回想シーンで「家、あっち?」って親指で方向を示す仕草が西川さんくさい。
二人揃って改札出て、同じ歩幅で歩くシーンがカワイイ。
リュックのショルダーを両手で掴むとまるで子供。
「ダルイ」ってしゃがみ込んで頭しか映らなくなるの、狙ってるのか。
「配達用にバイク買ってくれよぅ。」とねだる様はお母さんにせがむ小学生のよう。
診察室でシャツまくってるとき、ローライズでお尻出そう。
番号を探す指のアップ、男の指とは思えない。
最後に出された水を両手で掴む様が子供のよう・・・。
“ヒロミ”って役名で呼ばれるところあったっけ・・・?

ラスト、お金持って出て行ったのに、公園に劇的に迎えに来る流れがわからない。
泉の病気が治る可能性が五分五分で唐突過ぎな感が。

DVでもないし、それなりに一途で(ちょと違うけど)仲良さそうだから、そんな悪くもないかなぁ。なんて。やだけど。

音楽と映画のコラボレーションっていう企画らしいけど、特にそういうのは感じられず。

ちなみに西川さんが劇中で歌っていたのは、
・プカプカ(昭和46年) 作詞・作曲:象狂象、歌:西岡恭蔵

1回目観た時は、これ、どうなんだ・・・?と、何度も観なくてもいいかなぁと思っちゃったけど、2回目は内容もわかって免疫もついてヒヤヒヤワナワナモゾモゾしないで観られたし、3回目は画面の細かい所(病院代としてもらってるのが2千円と思いきや2万円ぽいとか、歩道橋の上の人が撮影に気が付いて見てる様子とか・・・)、それぞれそれなりに面白く見られたので良かった。

西川さんのファンなら1回〜2回観ても、それなりに面白い思いはできるんじゃないかな。西川さんのPVを見るみたいな感覚でも(笑)。

ちなみに、井上和香ちゃんとのキスシーンが記事とかで取り沙汰されてるけど、ラブラブな雰囲気で濃いやつ、というわけでもないので、実際に見ると「え、これのこと?」と拍子抜けするくらいかと。すぐバグパイプくわえちゃうし(笑。それよりも、すぐ咳込んじゃうし濃いわけでもないけど、小嶺麗奈ちゃんとの方がちょっと雰囲気もあってリアル。小嶺麗奈ちゃん、きれいだったなー(10年ちょい前に「ユメノ銀河」とか観たよ)。舞台挨拶も来てくれればよかったのにな。

舞台挨拶については・・・。
井上和香ちゃんがかわいかった〜。顔も想像以上に小さくて、アゴがシュッとしていて、アゴから首のラインがきれいで、目がおっきくて、肌が瑞々しい感じにきれいで。隣りにいる西川さん・・・ライブで見るとキラキラしてるんだけど、隣りの和香ちゃんがきれい過ぎて(笑。

西新井はまだ1回目で、客席も大人しく、出演者も「映画の舞台挨拶」として真面目に話してる感じ。争奪戦に勝った人たちとのことで、と司会の方。。キスシーンのエピソードについては、「お互い残念な唇で、タラコと明太子のぶつかり合いみたいだった」と(笑。それを受けて司会者が「生臭そうですね(笑」と・・・(ヲイ。ちなみに監督ゆかりの地とのこと。

お台場は客席数も西新井の倍くらいだし、取材も入って賑やか。舞台挨拶では、映画以外の内容はNGと言われていたのに、西川さんが話す内容が井上和香ちゃんが話した内容と被ってることを突っ込まれて、「何か問題でも?resonanceですよ!」と。井上さんもそれに乗っかって「6/11発売でーす!」。「月曜のワイドショーで、絶対使われない」。。。最後はマスコミ向けに、客席最前列まで降りてきて写真撮影。ここは、上映中に起こる笑い声も大きくて楽しげでした。

横浜(夜)は、出演者もややお疲れの様子?。でも完全に西新井の固さはなくて、映画のニセ宇宙人ストーリーとか話したりで、グダグダ(笑。司会者が止めないと、脱線が止まらない。客席数も最少で、上映中もおとなしめでした。

しかし、西川さんの用で映画館に来ることになるとは・・・。
ラーメンとピザとメロンのアイス(懐かしい)が食べたくなった(笑。

---

『コラソン de メロン』井上和香&西川貴教 インタビュー@Gyao
http://eiganavi.gyao.jp/news/2008/05/de-fac2.html

映画「コラソンdeメロン」インタビュー@朝日シネマ倶楽部
http://www.k-asahi.gr.jp/cinema/interview/corazondemelon/corazon.html



05月06日
“無敵バンド”とか

hide memorial summit 2日目に、“無敵バンド”として西川さんも登場した時の映像、見た!

んおぉぉぉーーーーーーーー、なんかすごいなこれは。
あまりに西川さん歌いすぎで、こんな歌いっぷりを見られるのが嬉しい半面、こんなに歌っちゃって大丈夫なの!?!?と焦りも(・・・笑。でも、ちょーカッコイイ。現地と映像とじゃマイクの入り方とかも違うだろうからわからないけど、映像で見る分にはめちゃめちゃ声張っててでかくて気持ちいい・・・。前日のignitedの比ではない。

西川さん個人のパフォーマンスだけにうっとりするわけではなく、河村隆一さんの声もセクシーでよいなぁと改めて思ったり、4人並んでギター弾いてる様子とか、ステージ上でいろんな人が入り乱れてめちゃくちゃ楽しそうな光景に、涙が出そうなくらいちょっと感動してしまいました。私も男に生まれたらここに混ざりたかった、みたいな(笑。

なんだろな、別にXとかLUNA SEAを聴いていたわけではないんだけど、男の人たちが無邪気に楽しそうにやってる姿に母性本能をくすぐられているのでしょうか・・・(笑。

そして、西川さんの身内気分なファンとしては、西川さんをこんな伸び伸びと寛容に(?)受け入れてくれているステージに感謝。

WOWOW、ZipsとMCとvestigeがカット。
Zipsはともかく、MCとvestigeは流して欲しかったなぁぁぁぁぁぁ。超残念。

西川さんが昨日turbo-webに書いていた宮城さんの言葉だけど、前に音楽雑誌でも言ってたことあったんですね。以下、ARENA37℃から引用。ちょうど個人事務所にした時期だったから、その時ならでは思いが影響してたのかなーと。

■hideさんの現場は見ていないけど その言葉がすごい嬉しかった

今ヘアメイクやってくれてる宮城さんが不意にね、“hideさんの現場を見てるみたいだ”って言って。宮城さんて、hideさんをずっとやってた人なんだけど、ウチの現場見ててなんか似てるなって思ったんだって。hideさんて、みんなにどんどんやらして、自分なんかどうでもいいから、おまえら盛り上がれ盛り上がれ!!!っていうタイプの人だったじゃない?ああしろこれしろじゃなくて、それぞれが思いっきり楽しめっていう。

--hideさんはツアーが始まる時に、メンバーに「俺より目立て」とまず言ったらしい

うんうん、そうだったみたい。僕はhideさんの現場見たことないしさ、意識してるわけじゃ当然ないんだけど、テレビに出るとき“僕だけアップにしないで、メンバーをもっと撮ってくれ”みたいなやりとりとかをしてたわけ。

今回は特に、こういうタイミングだから、繋がって繋がってみんな集まってきてくれてるから、そんなみんなをフィーチャーしないのはもったいないって気持ちもあって、そういうことを普通にしてたんだよね。それが、hideの現場みたいだって言われたから、なんか単純に嬉しいなって思えて。それも、今までT.M.Revolutionをやってきた人じゃなく、新しく繋がってくれた人が客観的に観ていいねって言ってくれたのが、ね?

--音楽とかパフォーマンスじゃなくて、それを作っていくプロセスが似てたんだろうね。

そうそう、生き方みたいなところだもんね。そこがいいねって言われたら、やっぱ嬉しいよ。そのときは“ふーん”って大人しく聞いてたんだけどさ、内心すごい嬉しかった(笑)。



05月05日
memo)hide memorial summit

朝のワイドショーは見逃しちゃったけど、
↓写真つきで記事が。楽しそうー。turbo-webにも書き込みあり。

・X JAPANら総勢約60名が“無敵バンド”結成 hideさん追悼ライブがフィナーレ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080504-00000001-oric-ent

・X JAPAN、台湾史上最大の3万人単独ライブ開催を発表
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/080505/msc0805050915003-n1.htm



05月04日
雑記(hide memorial summit とか)

今日も行きたくなって、行ってきちゃいました!

・・・と言えればいいんだけど(笑。

そっか、西川さん、今日もステージに登場したのか〜!
読みきれず残念!賭けじゃチケット代出すのきついしなぁ。

“これが見たかった!” っていうのは、一筋縄じゃ見られないものなのにゃ。
ちょうど、LIVE EARTH後のBACK-TICKライブの飛び入りとかね。
明後日のMUSIC LOVERSもハズレちゃったし。これも行きたかったなぁ〜。

あ、ちなみに、ニューヨークは留守番組でした。
現地のレポとかみて、PMXに行ったのを思い出した。あれは楽しかったな〜。またアナハイム行きたい。

別件ですが、面白かったのがこの記事。

・ハイカラがTMRをホットにカバー…星形のステージ再現PVで共演
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080504-OHT1T00044.htm

・ハイカラ公式info
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/SMER/HandMC/m_info.html

ハイカラのinformationに“13thシングル2008年6月25日「HOT LIMIT」発売決定!!“て書いてあるのが変な感じ(笑)

彼女が歌うの聴くの楽しみ。
これまでの交流が、こうやって形になって出てくるのって今までなかったから、ちょっと嬉しい。

PVへの“ゲスト出演”てどういう状態なんだろう・・・。


hide memorial summit (味の素スタジアム・5/3)

hideさんの追悼イベント、行ってきました。

ちょっとノロノロしてしまったので、会場に入ったときはマキシマムザホルモンさんのMC中。明るくて元気な口調で「hideちゃんが・・・」と話していて、会場も暖かく笑っていたりして、そのアットホームさに何だか“追悼イベント”という感じを妙に受け、勝手にホロリと・・・;

彼らのことは名前とビジュアルしか存じ上げず、楽しい風貌(誉めてる)と、さっきのMCとで勝手にイメージを作ってしまっていたのだけど、曲を聴いたら思いがけず自分の許容範囲内で意外。カッコいいし、ドラムの女の子のパワフルさも凄いし、楽しい。私の席の周りにもファンの人が結構いて、みんなすごく楽しそうで、ここのファンになるのも楽しそうだな〜♪なんて。

西川ファンの出動率があまり高くなさそうかと思った割には、そこそこいそうで安心・・・したのだけど、このホルモンさんで会場が結構盛り上がっているのを見て、“・・・はて、西川さん時はここまで盛り上がるのだろうか・・・”と、不安に。。。(LIVE EARTHのこともあったし・・・)

西川さんの登場は、18:00過ぎ頃、メインステージ(a-nationみたいに左右にもサブステージが)で。a-nationとかと同じく、日が暮れる手前。サイドのモニターに“T.M.Revolution”の文字が映し出されると、大きめな歓声で、みんな立ち上がる。・・・あれ、結構受け入れ態勢としては良い感じでは。

ステージに現れてマイクスタンドまで歩いていく様が、なんだかふてぶてしい感じで笑ってしまった。なんであんなに偉そうなんだと(笑。衣装は、革の長いジャケットにファスナーがいっぱい付いてる感じ?。遠目に見ると甲殻類っぽい。で、turbo-webのDIARYにも載ってたけど、髪、長っ。

1曲目、ignited。
曲の具合と、歓声と、ファンの盛り上がりに、一気に場違い感を感じつつ(笑汗)、様子を見つつ軽くノる。いくらSEEDでアニメファンには知られている(っぽい?)とは言っても、今回の客層はあまり知らないのではないかなぁと思いつつ。

2曲目、Zips。
またメジャーどころではない曲が。他のアーティストに比べてマイクの音量(?)が控えめなようだったけど、なんとなく持ち直した感じ。

-MC-
このイベントに出ること、出させてもらうことの意味や意義を考えたりしたけど、そんなことは後からついてくるもの。大事なのは、みんなが同じ場所で同じ人を想って、ここにいること。これがすべてだと思います。

・・・大人で、よいMCでした。お客さんからも、自然に拍手が起こっている感じ。ちょっとヒヤヒヤしていたけど、変なこと言わなくて良かった(笑。天気が回復したことも、「ここにいるみんなのおかげ」。自分が晴れ男とか言わなくて良かった(笑。(でも、ホントに晴れちゃった。カッパもいらなかったし、濡れていたであろう椅子も床も乾いてたよ。)

3曲目、MCからの流れを受けて、vestige。
これは順当に、やるんじゃないかなと思っていた曲。まぁメジャーどころではないけど、(そもそも、メジャーどころって結構古い・・・)、曲の詞まで聴いてもらえればよいなぁと。

そんな個人的なの思いがあってか、曲中、何度も鳥肌が立ってしまった。なんか、やっぱりこの人、いい歌を歌うんだなぁ。曲の合間にマイクには入らない声で何か呟いたり、天を仰ぐ仕草も。

4曲目、まだ聴き慣れないイントロで、resonance。
ファンですらまだ馴染みのない曲が。まだ慣れないなー。上着を脱いで、露わになった二の腕はちょっとムチムチしているように見える。背中は・・・網々。

5曲目、夢幻の弧光。
6曲目、LOVE SAVER。

“また知らない曲だけど大丈夫か〜!?”と友達と顔を見合わせたところ、ステージから西川さんの、「曲なんて知らんでもいーんです!」・・・の声。煽りもちょっと荒くなって、「勝手にやるんで、よければ付いてきてください」

この辺の煽りから、周りのホルモンさんファンの人たちも“知らないけど楽しんじゃおう”なノリになってきてくれた感じ。

背中の網々、モニターを通さないで、遠目から生で見るとパックリ開いてるように見えるねー、と言っていたら、網々を脱いで金太郎の黒Versionみたいになってた。ニューヨークでのライブと同じだったのかな?

7曲目、UNDER COVER ツアーの始まりのイントロが流れ、HIGH PRESSURE。
(やっと知ってる曲が/笑)

客席に両手を上げさせて、「簡単ですよー」と、手拍子を促す。
「そのまま飛ぶ!」と、飛ばせる(笑。
振り返って会場を見渡すと、結構よい塩梅になっていたなぁ〜。
「みなさん最高!、おまえら最高です!」と何度も繰り返すのが、ややおっさんぽくありつつ(笑)、嬉しそうだったし、嬉しかったなー。

ignitedの時点では、どのくらい(自分も)盛り上がれるかわからなかったけど、自分の長袖をうらむくらい、汗かいて楽しみました(笑。

サブステージの端から逆のサブステージ側へターッっと走って行ったり、柵に上ったりするのはT.M.さんならでは。そろそろ、勢いよく転んだりしそうでこわいけど(笑)、小柄なせいか走る姿は若く見えるし、一応まだ現役。曲の中のポイントで、近くにあるカメラに目線を送ったり指差ししたり・・・と、せっかくカメラ目線にしたりしてるのに、ことごとくモニターに映っている映像には採用されておらず(笑。WOWOWの方で入るのかしら・・・?

花火のような特効や銀テープなど、賑やかな演出もあり。

ラスト、hide with Spread Beaver。
この頃にはすっかり日も落ちて、雰囲気がガラッと変わった感じ。
演奏はありつつのフィルムライブのようだけど、hideさんの映像と生の映像がチョコチョコ切り替えられると、あたかも本人もステージにいるよう。2曲くらいしか知らないつもりだったけど、半分は知ってる曲。特に意識していなかった10年前の自分も、結構耳にしていたんだなぁ。

最後には、花火が。

残念だったのは、やっぱり空席が多かったこと。
せっかくのイベント、作る側が責任を持って満席になるようにしてほしかったなぁ。YOSHIKIさんもTOSHIさんも来てないしね。わざわざ2Daysにしなくても、な感はあり。(そういえば西川さんのhideさん曲のカバーもなかったなぁ)

そして、何となく2日目も行きたいような気になってしまったのでした。(行かないのだけど)

・[写真つき] hide追悼公演:OZMA、トランクス姿で「アゲ♂アゲ♂」熱唱 東海林のり子が開会宣言
http://mainichi.jp/enta/geinou/graph/200805/03/

・DJ OZMA「hideさん、すいません」追悼ライブでパニック状態
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080503-00000002-oric-ent

↑ちなみに、この2記事が出た時にはまだ登場していない(笑。

・hide with Spread Beaverが追悼ライブで10年ぶりの再結成 3万人のファンを魅了
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080503-00000008-oric-ent

T.M.Revolution セットリスト
 1、ignited
 2、Zips
 -MC-
 3、vestige
 4、resonance
 5、夢幻の弧光
 6、LOVE SAVER
 7、HIGH PRESSURE



04月12日
映画とイベントと新曲と。

ご無沙汰です。
恐ろしいことに、もう4月も半ばに差しかかり気味ですが、3月最後の週末にはお花見もしてきました。超寒かったけど、満開の桜に満足。

西川氏の動きは、ザックリと確認。
映画にしてもhideさんのイベントの会見にしても、ポータルサイトのトップの写真ニュース枠的なところに本業(否スキャンダル?系の意)でちょいちょい載っていたのが変な感じ。

映画の方は、また歌じゃないところで何をやっているのだろうかと思ったんだけど(笑)、メイキングをちょっと見たら、ゆるゆるとざっくりした役どころが何か面白そう&カワイイっぽくて結構楽しみになってしまった。詳しい内容はちゃんとわからないけど、日常を切り取ったような、それでいて非日常な、私の好きな空気がある作品だといいなーなんて。

2008年初夏公開
≫「コラソン de メロン

hideさんの追悼公演の方は、ちょっと浮くんじゃと思ったけど、少なくとも会見の写真は格好のテイストがなじんでましたね。

チケット代が高すぎだけど、

・ニッカン
>このイベントで、プロデューサーのYOSHIKIとT.M RevolutionやDJ OZMAらのサプライズ共演もあるかもしれない。

・スポニチ
>当日は各バンドのセッションも検討されている。

こういうのは気になるにゃー。

5/3,4
≫「hide memorial summit

そして、新曲ー。
イントロから歌い始めを聴いて、「おー、ほんとにT.M.R.だ〜(笑)」と妙に感慨深く。。。売れ線という感じではなかったし好きでも嫌いでもないけど、その辺を超越した安心感のような。。「いまいちピンと来ないけど、ライブだと盛り上がっちゃうんだろうなぁ」と、毎度の感想です。

あとあのCM…!あんなふざけたの見たことない(笑。

6/11発売
≫「resonance(公式/試聴)」
≫「resonance(初回生産限定盤)(DVD付) 」(amazon)
≫「resonance」(amazon)

あと、a.b.s.のライブDVDも。
7/16発売
≫「abingdon boys school JAPAN TOUR 2008(初回生産限定盤)」(amazon)
≫「abingdon boys school JAPAN TOUR 2008(通常盤)」(amazon)

*

先月、友人のお芝居を観に。

開演前に注意事項を出演者が説明していたんだけど、“「携帯の電源は切ってください」といって出演者の携帯が鳴っちゃう設定”で、鳴った着メロがLEVEL4。なんてサービス(笑。

帰宅後、友人と共演していた相手役の女の子がかわいらしかったので、本人のブログを検索。

別の出演者のブログを発見したので読んでいたら、どうやら浅倉氏のファンの気配。着メロの主はこの人かー。
と読み進めていたら、浅倉氏のサインをもらって喜んでいる記事が!私が観たお芝居自体、先日浅倉さんが出演した舞台(?)を演出していた人による演出だった模様。あら偶然。

そして、お目当ての子のブログを発見。芸能活動始めたばかりな感じで、「新しいお仕事が決まりましたー!」の記事。…「ソウルイーター」のメインキャストの1人でした(笑。

友人のを観に行っただけなのに、変なオプションがいっぱいでした。

*

来週はニューヨークかぁ〜。



02月20日
a.b.s. JAPAN( ? ) TOUR 初日

名古屋初日参加しましたー。

この間のイヤカン初日が、完成度が今一歩の公開ゲネプロみたいで、でも西川さん本人がすーごくユルユルな笑顔でたのしそうで暖かいライブだったから、今回も(失礼ながら)“完成される前のゲネプロ状態”を見に来たつもりでした。

いやいやしかし、全然しっかりしててびっくり!野音の時に感じた演奏とボーカルのバランスの違和感は超改善されて、西川さんの歌を堪能したい私としては満足。眼鏡もかけていなかったし、衣装も奇抜じゃないから、ビジュアル的にもよかった(笑)。ほんと、歌ってる時はカッコイイー。

開演前に“カメラが入ります、放送や販売されることがあります”なアナウンスがあったから、撮るなら大阪とか東京がいいんじゃ?と思ったけど、この名古屋初日は全然イケる。東京や大阪も撮るのかもしれないけど、バンド初ワンマンライブは心地良い出来栄えでした。これがパックされるならいいなぁ。

ステージの人達もみんな嬉しそうだったな。盛り上がりとか空気感はまだ理想通りとはいかないかもしれないけど、いいペースで付き合っていきたいと思います。

有休消化兼ねて休み取っちゃったので、今日も見て帰りますー。



01月01日
リアカン&HAPPY NEW YEAR!

あけましておめでとうございます。

カウントダウンライブ、ヤバイ!超楽しかった!!!

本編のアレンジはイヤカン通りだったけど、アレンジにとらわれず(?)、いい意味で変わらない西川さんの歌にハッとさせられたBLACK OR WHITE、いつぞやのツアーを思い出させられたカウントダウン後のorbit、crosswise〜夢幻の弧光の流れ、普通の「楽しい」の感覚を超えた大好きなライブの感覚がメラメラと身体に蘇ってきて、すごく気持ちよくて嬉しくて楽しかったー!そうそう、私はこれが欲しくてあんなにライブに行きまくってたんだ、と思い出して懐かし嬉しかった。

ホールライブ自体も久しぶりで、変な感じだったなぁ。ステージ広くて天井高っ!花道まで駆けてく姿も久しぶり。だけど内容はイヤカン仕様でバラードもナシ。普通のホールライブとも通常のイヤカンとも違う、独特な楽しライブでした。

一年の計は元旦にありと西川さんが言っていたけど、2008年の一発目の感情がこんなじゃ、今年はどうなるんだ(笑)。

というわけで、やっぱり相変わらずの私でございました。
今年もよろしくお願いします。みんないい年になりますように〜!

*
一応セットリスト書き残し。
“LIVE REVOLUTION REMIX XI”と銘打ってるだけに、休憩前までの本編(?)はイヤカンとほぼ同じで、後ろのモニターも本人のアップとかを映すでもなく曲ごとのイメージ映像。ダンサーも登場で賑やかでした。変な特効が追加されてたけど、あれはなんていうんだろう(笑。

T.M.R. YEAR COUNT DOWN PARTY '07
LIVE REVOLUTION REMIX XI REAL COUNT DOWN 07-08

07/12/31 東京国際フォーラム・ホールA

21:30 OPEN / 22:30 START

1.蒼い霹靂
2.Web of Night
3.WILD RUSH
4.HOT LIMIT
5.WHITE BREATH
6.HIGH PRESSURE
7.BLACK OR WHITE?
8.Albireo
9.INVOKE

-15分休憩

10.Zips
11.LOVE SAVER

- カウントダウン!

12.Pied Piper
13.Goin'
14.Out Of Orbit 〜Triple ZERO〜
15.crosswise
16.夢幻の弧光
17.ignited

EN.)
18.VITAL BURNER
19.SHAKIN' LOVE
20.CHASE/THE THRILL

(25:20頃)



12月23日
イヤカンとかもろもろ

また月刊化してしまいま・・・

というわけで、イヤカンは名古屋初日&2日目夜、東京2日目夜の、計3公演行って来ました。ちょうど3パターン全部見られて良かった〜。

アレンジ、面白いなーと思いながら聴いていたけど、同じ感じのテイストでダーッっと行ってしまうから、短く感じるようでもあり長く感じるようでもあり(笑。例年だとアレンジしてるのは頭の数曲だけだったりするので、今回は結構冒険(?)しちゃったなーという感じでした。WHITE BREATHがちょっとツボでした。愉快。vestigeは恐ろしいくらいの笑顔で歌ってて何事かと思ってしまった。

初日はすぐに馴染めなかったけれど、翌日の夜公演にもなると本人も客席も順応早っ!ってくらい馴染んで盛り上がって楽しかったなぁ。名古屋は私が参加した2公演ともめちゃめちゃ本人が柔らかくて気を許しまくってノリノリで、1年経って久々に戻ってきたまさに“ホーム”の雰囲気。ある意味客側よりも楽しそうでした(笑。ちなみに名古屋初日の夜中にテレビで湘南乃風のライブの再放送やっていたんだけど、西川さん、これ見てたのでは!?と(笑)<翌日からのタオル回し

a.b.s.の新曲はまだ未購入。MJも見逃したので音楽戦士のゲストライブで聴いただけなんだけど、力強い歌いっぷりが好印象。テレビ用でサビの繰り返しが多かったからなのか、曲自体も好印象。

31日のリアルカウントダウンの方は、友達と揃って落選( ̄ー ̄;。運良く行かれることにはなったけれど、さすがに激戦デスネ。。

・・・てか、今わりと夜中なんだけど、消防車の音が激しいのでベランダに出てみたら煙が!柴さんは隣りのおうちが火事だったって言ってたけど、火事って結構身近ですね。。超怖い。ご用心。



11月18日
近況

また月刊化してしまいました。。

今更ですが、アルバム。
西川さんから感じられるように、今のabingdon boys schoolらしいんだろうなぁと思える一枚。

喉で抑えてるような声と仰々しい歌い方と高い声の無理矢理感とか、耳に引っ掛かってくる歌詞がクサいとか、気になるといえば気になるけど、それは聴く手の問題かな。

ひとまず、西川さんが「超イイから聴け!!!!!」って言っている状況を単純に喜びたい。前はANNで自分の曲を紹介する時、曲名すらゴニョゴニョ言って、ANNだというのを差し引いても、堂々と自分の作品を紹介する姿勢が感じられなかったから。本人が絶賛できない曲をこっちが絶賛するのも虚しいと思っていたから、こっちに委ねられた状況が、やっと嬉しいと思うのでした。

ちなみに好きなのはAs oneかな。DESIREも好きめ。DOWN TO YOUは日本語入るとなんか安心する。Via Dolorosaも嫌いじゃない、なんか全体の流れがドレスっぽいね。アテナは妙な明るさと謎な歌詞が引っ掛かりつつも、何故か口ずさんでいる1曲(笑。

Nephilimやドレスは相変わらず好き。LOST REASON は、MICROさんとの絡みがどうなることかと心配したけど、思ったより全然アリで良かったな。

結構、TMさんよりキャッチーだったりとか、「生で聴きたい!」とは思うものの、TMさんほど「ライブで聴きたい!」と思うほどライブで聴くイメージが沸かなかったりとかしつつですが、そのうちあるだろうツアーを楽しみにしたいと思います。

と、今更な感想でしたが、この一ヶ月もなんかいろいろあったよね。

“EBS”は面白そうだなぁと思っていたけど、出掛けててウッカリ見逃し。「a.b.s.forum」は申し込みもしてなかったので不参加。H2Sの特番、MXTVなら見られる〜と思ったのに、これも見逃し。

そうそう、11/11でニシカサDays改め(?)月刊ニシカワが丸8年を迎えてました。ハタから見ればまだ十分追っかけみたいなファンなんだろうけど、自分の中ではちょっとペースダウンできてきて良かった(笑)。
・・・まぁ、ハワイとか行ってるわけですが( ̄▽ ̄;

で、大晦日!
個人的には、切望して切望して切望して、の時期を通り越して、もう望むことすら馬鹿げてるのかも、と、諦めてたのに!今年くるかー、って感じです。

イヤカンのやり方もちょっと見直して・・・的なことは確かに去年言っていたけど、今年T.M.R.の活動がなかった分、良くも悪くも絶妙な、T.M.R.的サービスかな。

なんだかんだで、T.M.さんのカウントダウン、実際どんな感じになるのか見てみたい。国際フォーラムかぁ・・・と想像して、ホール自体久しぶりじゃ?と遡ってみると、多分武道館&大阪城ホール以来、だよね。武道館・・・特別なライブだったなぁ。

最後になりましたが、オールナイト復活希望メッセージ受付は、発送まで完了とのことです。猛烈な作業量、どうもありがとう>Nさん×Rちゃん(?)

なんだか取りとめないですが、また。



10月17日
「abingdon boys school」

わりと亀田ファンです。

あの子達、表に出ている部分はトガってるけど、ブログとかファンクラブサイトのBBSとかのやりとりを見るに、純粋で、温かくて、優しくて、結構いい子達だと思うんだよなぁ。

処分は妥当としても、今回の次男はまだ18の未成年でさ、その後のフォローというか、もうちょっと大人が温かく見て育てて行こうというスタンスがあってもいいのになぁと、なんだか悲しくなってます。ふー。

というわけで、a.b.s.のアルバム、昨日買ってきました。
PVはまぁいっか、ということで通常初回版の方を。
会社近くの新星堂、入り口付近とレジ横で大きく置いてくれてました。

全曲、試聴した感じよりも良くて、飛ばしたくなる曲もなくバランス良く好きっぽいです。
帰ったらまた聴こう〜♪



10月07日
近況

単純にハワイにもう一度行きたいです。
のんびりしたいー。

会社は、
ハワイ直前の一週間のシンデレラコース(死語か)はちょっとシンドかったけど、
今はとりあえず忙しさの波の狭間。
あとは、会社の友達の転職ラッシュがつらい。。。
ここ半年くらいで超いなくなった。。。

そだ、辞める人がいれば入ってくる人もいるわけだけど、
その中の一人が西川さんのことを「タカちゃん」と。
なんと、高校生の頃にLuis-Maryの追っかけ(?)をしていたとのこと(笑。
市川のライブハウス(今はないらしい)に結構行っていたそう。

*

西川貴教のオールナイトニッポン復活希望メッセージ受付、
明日(明けて今日)締め切りです。

西川貴教のオールナイトニッポン復活希望メッセージ受付

*

本屋である写真集に目が止まって、ビックリ。
ネットを始めた頃に好きでよく見ていたサイトが本になってました。
当時キリ番報告的なことをしてポストカードもらったこともありました(笑。
いいものは世に出てくるのだなぁ。

→「ダカフェ日記

サイトは→dacafe. photograph.

→ダカフェ日記:http://dacafe.petit.cc/
→ダカフェストア:http://computer.petit.cc/
 ↑壁紙オススメ

写真集になっているのは2002年からで、夫婦+犬+お子さん2人のファミリーな感じなのだけど、サイトを見始めた頃はサイト名も違ってて、二人も結婚してるかしてないかな感じだったかな。どんどん家族になってきて、写真も自然と変わってきてる。

普通の日常なのだろうけど、普通の人じゃこうはならない。
なんか、いつ見ても、泣きそうになるのだなぁ。

と、何かに飢えるのだった。

や、
ここしばらく、かなり精神的に病んでいるのでした。
落ちると超落ちる。
秋っていう季節のせいもあるかなぁ。

と、季節のせいにしてみたい。
原因がそこではないことはわかってる。
人並に優しくされたい。

*

このオセロ欲しい。
GIOCARE リバーシ

3万もする・・・けど、いいなあ。

*

ここのリースもカワイイ。売り切れてるけど



09月23日
turbo surf ’07 in ハワイ 【Dream Birthday Party】

■イベント3日目【Dream Birthday Party】
▼日時:2007/09/19 夕方から夜
▼場所:The Pipeline Cafe
○T.M.Revolution Special Request Live in HAWAII

事前に参加者からリクエスト(1人3曲)を募り、上位10曲が演奏されるスペシャルリクエストライブ。

セットリストは10位からのカウントダウン方式
(下↓にいくほど上位)

1.LOVE SAVER
2.HEART OF SWORD -夜明け前-
3.O.L.
4.IMITATION CRIME
5.Zips
6.VITAL BURNER
7.LIGHT MY FIRE
8.SHAKIN' LOVE
9.とっておきのおはなし -新説恋愛進化論-
10.Tomorrow Meets Resistance

*

バスにて連れてこられたのは
The Pipeline Cafe -パイプラインカフェ-(http://www.pipelinecafe.net/
というライブハウス。
到着後しばらく会場前で整理番号順に並び、全てのバスが到着した頃から入場開始。入場順は成田集合時に配られたカードに記載済みでした。

入口には通常のライブのビラなどが貼られ、入るとすぐ目の前にバーカウンター。そして目を少し斜め前に向けると、扉などもなく、すぐにライブスペースが。奥にステージ、後方に丸テーブルとイス。柵はステージ前の網のようなのもだけで、特に仕切りはなし。ステージは横幅が狭く、中央に少しせり出し部分あり。横幅は・・・岐阜のサテライトよりは広かったような気がする(あの岐阜はもっと狭かったはず・・・)。

ステージには大量の投げる用の水、西川さん用のドリンク、ファンなどが用意されていく。斜め上を見上げると、白い布で覆われた向こうに影が動いているのが見える。出演者用かスタッフ用かはわからないけれど、控え室かな?。クーラーが効いていて寒いくらい。右側の側面にある2つのモニターにはturbo surfのロゴが映し出されていたけれど、ライブ中に映像が映されていたかは不明。

開演前のアナウンスは、coordinatorツアーを思わせる機内アナウンス風。

1.LOVE SAVER

聴きなれたイントロ。・・・え、・・・初っ端からこれ!?(笑)
・・・というか、、会場内の途中に仕切りがないため、沖縄ほどではないながらも十分にすごい圧力が一気に押し寄せる。これヤバイかも、潰れる(あちゃー)。てか、顔に人の拳が当たって流血(ぎゃー)。

2.HEART OF SWORD -夜明け前-

当然ランクインでしょ!の曲が、あっさり(?)2曲目で登場する贅沢さ。
早々に前方が危険にユラユラし、西川さんも逆方向に移動したり。

3.O.L.

バラードとはいえ、重く、荒く激しく、昨日とは全くの別人だ。
曲だけみると表向きクールダウン、とはいえ、変わらぬユラユラ感に、いつ抜けようという思いが頭をグルグル・・・。

-MC-

「先に告知してあったとおり、バッチリ10曲、しかやりませんので」
「みんなが選んでくれた10曲、大切に歌わせていただきます」
「・・・と言っても、あまりに条件が違うんで、初っ端から歌詞間違えちゃいましたが(笑)」
「ちなみに、このライブの10曲、リクエストしてくれたランキング順に並んでるだけですので」

ランキング順?
ブーイングにも似たざわめきが。

「(?)・・・何か問題でも?」

10位から〜?下から〜?という声が上がり、

「あー、、、そういうことね!そうですよ、10位からですよ!え、もう1位出ちゃったと思った!?!?違うよぉ〜!そんな、バカじゃないですから!!!後半になるにしたがって上位になる、ランキング形式になっております。いいよな?」

(歓声)

「(歓声やコミュニケーションが取れているのを受けて)そうそう、昨日のライブ、あまりにも反応がないんでムカついてんのかと思った(笑)」

(違うよー、とか、感動してたのー、の声)

「あー、そうだったのね。・・・、ならそういうことで、飛ばすぜー!!!」

4.IMITATION CRIME

んおー!このイントロ!
それっぽい選曲キタ!!!
低い声で「IMITATION CRIME!」と放ち、ボルテージ上がる!

5.Zips

続いて、また聴きなれたイントロ。
自分の周りのユラユラも収まり、心地よいモッシュ状態に。
すでに熱くなった会場が更に熱くなり・・・

6.VITAL BURNER

で、立て続けにこのイントロ・・・!
休む間ない〜!!!の嬉しく愉快な悲鳴。

7.LIGHT MY FIRE

ほー、なるほど、のランクイン。
(っていうか、なんつーセットリスト/笑)
めっちゃくちゃ笑顔で歌う様子に、こっちまで超笑顔。うふふ。
気持ち良さそうー、気持ちいいー!

---

曲と曲の間、スタッフが足元にカンペを2枚。
この後、久しぶりの曲が来るってこと・・・か?

---

-MC-

8.SHAKIN' LOVE
イントロドン!のように、第一音が聞こえた時点でみんなが歓声を上げる。
去年の武道館から、帰ってきたこの曲。
「♪ハワイの感情、叫んでも足んない!」
あんまりジャンプできるようなスペースはないけど、ジャンプ!

---

ちなみにこの時点で自分のリクエストした曲は1曲も入っておらず。
残り2曲じゃ、入らないなー。
思ったよりもベタな曲が多いIこの流れだと、TwinkleMRとか来ちゃうのかなー、と。

---

9.とっておきのおはなし -新説恋愛進化論-
このイントロ・・・!
ひょーー・・・!
なつかしー!!笑。
てか、これが2位なんだ!?!?
読めないランキングに、なんか笑う!
穏やかに暖かくて楽しい!!!

-MC-

「いやー・・・・・・・・・久しぶりに歌ったなぁぁぁーーーーー」
「コアな人たちは予想外の所をエグってくるね。打たせてくれない(笑)」

そして、最後、の曲。

「お前らが、一番聴きたいって言った曲、やるよ!!」

んー、、、TwinkleMR、かぁー?

10.Tomorrow Meets Resistance

!!!!!
爆笑!
これー!?!?!?
アハハハハハハハ・・・愉快すぎる!!!!!

西川さんが歌い出し、それにつられ、いつもなら声出してまで歌わないのに
思わず一緒に声出して歌ってしまった。私の周りも大合唱。
歌わずにはいられないというか、楽しくて、みんなでこの楽しさを歌って共有するような。
西川さん、ステップは踏まなかったけど(笑)、頭の上で腕を左右に振ってました。

ちなみに、私が投票した曲の1つがこれでした。
入るかもとは思ったけれど、まさか1位になっていたとは。

はー・・・、たーのしかったー!!!

「年末に会おうぜ!!!!!」

と言い、ステージから去っていきました。

*
そして、「迎えのバスが到着し次第、一列になって会場の外に向かってバスに乗ってください」、というアナウンスが。

わざわざ「一列になって」と連呼するのも怪しく、大方の予想通り出口付近に黒い幕が見える。もはや恒例となりつつありサプライズ感は薄くなっても、ありがたさは薄れず、変わらず。

順番にカーテンの中に通され、ライブの楽しさの余韻に溢れている自分が、ライブ後ホヤホヤの西川さんと言葉、と握手が交わせて嬉しかったなー。

ホテルに戻ってから友達に、「手にいい匂いがついてる」と言われ、私も自分の手の匂いを嗅いでみる。あー、確かに自分じゃない匂いがする。でも、ライブ中、自分と他人の汗まみれになっていたので、その時についたんじゃないのかな〜?と思いながら、逆の手の匂いを嗅ぐと、、、匂わない。おぉ。握手した右手だけ西川さんの匂いがついてる!(笑)。・・・しかもキラキラしてる(笑)。おぉぉ。



09月22日
turbo surf ’07 in ハワイ 【Anniversary Special Day】

■イベント2日目【Anniversary Special Day】
▼日時:2007/09/18 昼前〜午後
▼場所:ハワイアン ウォーターズ アドベンチャー パーク
○イベント「アー写 七並べ」

前回と同じ場所を貸し切って行われました。
イベントの流れも前回と同じで、到着後ゴハン→自由時間→イベント→自由時間。2回目の自由時間時に、点在しているスタッフとジャンケンをして勝ったら缶バッチがもらえるというのも前回同様。

イベントは、4班に分かれ(A~D)、それぞれにサポメンを応援係として配置。淳士さんはこのイベントの3時間前に到着したばかりということでハイテンションで飛びまくってました(笑。

ゲームは、
1.全員にシングルまたはアルバムのジャケット写真が配られ、
2.同じ写真を持っている人同士(4人程度)でグループになり、
3.そのシングル名またはアルバム名を紙に正確に書き、
4.リリース順に西川さんに見せに行って、
→正解数の多かった班が勝ち、というもの。

ちなみに、
A;SUNAOさん、B:柴崎さん、C淳士さん、D:IKUOさん
私は前回同様SUNAO班。
ジャケット写真の入った封筒(turboのオレンジ封筒)、直接配ってくれました。向かいのC班は、みやみやも一緒に配っていた模様(笑。

全チームが満点取っちゃったりしないのかなー?とちょっと思ったけれど、各チーム、ケアレスミスなどあったりで、結果、AとBが同点に。そこでリーダー同士のジャンケン3回勝負となり、1勝1敗、2勝2敗…と行ったり来たりで一喜一憂させれられながら、最後は柴さんの勝ち!Bチームの優勝となりました。勝利チームには全員に缶バッチが配られるとの事。

最初の登場時は西川さんもサポメンも前方ステージ上だったけれど、審査時は中央に置かれたパラソルに移動。審査してもらう時に各班4人ずつが西川さんの至近距離(?)まで進んでいくので、多少ではありながらも前回よりも物理的に近づけるように企画されていたようです。

▼時間:夕方〜夜
▼場所:PACIFIC BEACH HOTEL
○T.M.R-e UNPLUGGED LIVE

昼間のイベントからホテルに戻り、1時間ちょっとで再集合。簡単にシャワーを浴び、顔を作り直し、着替えなおして次の会場へ。

1テーブル10人で、40数テーブル。コース料理の後に-eのライブ。ディナーショーってこういう感じ?

食事の前に「♪ハッピーバースデー」の練習や、手元にあるキャンドルに点灯するタイミングなどの説明。

食事中は、前方モニターで去年のUSJの密着ドキュメント映像が流されました。当日の隠れた移動方法や、当選者だけのサプライズ企画の様子(西川さんと一緒にアトラクションに乗った人たちとの対面シーン)、待ち時間の練習風景など、この日用に編集された映像はなかなか貴重。

お食事は、謎の献立だった前回よりも美味しかったです(笑。

ウォーターパークもそうだけど、カメラが持ち込めないのでこの日の写真が全然ないのが残念。

そして、食事の後、本日のメインイベント。

照明が落とされ、会場後方の扉から西川さんが登場。みんなで歌うHAPPY BIRTHDAY♪の中、中央の通路を歩いて、前方のステージへ。そして、ステージに用意されたケーキのロウソク、一度に消せなくて、何度かに分けて吹き消しました。パチパチパチパチ。

ステージ上でサポメンの皆さんからそれぞれプレゼント贈呈。

SUNAOさんからはお箸。ecoです。
柴さんからはiPod用のスピーカー、の、目録(笑。
IKUOさんからは、西川さんが飼いはじめた犬の洋服。西川さん、最初何かわからなくて「パンティ?パンティ?」と言ってました。
淳士さんからは、犬用のエサ…!?西川さんから「異臭を放ってますけど」といわれた中身は、豚の鼻やカンガルーのアバラで、「土佐犬みたいになりますよ!」と。空港で止められ、「ぴっぐのうず!かんがるーず、ばーばら!」とか言って乗り切ったらしい(笑。

その後、ライブ。
1人1つキャンドルに火を灯し、登場を待ちます。

サポメンが配置につき、おもむろに西川さん登場。
「タカノリー!」などの歓声もなく、静かな拍手で迎える客席。
MCらしいMCはないまま、緊張しているっぽい様子を表すような深呼吸とも溜め息ともつかない息を吐くこと数度。

まず、「はじまる波」。
柴さんのギターも印象的。

MCを挟んで、「月虹」
・・・あまりに懐かしすぎた。
99年のPREMIEREライブ、00年のARENAライブでの、長い髪の西川さんが目の前の西川さんに被ってきた。所々、IKUOさんのコーラスが。7年もの時を経て歌われ、懐かしさと共に新鮮さも。

そしてまたMC。
会場がキャンドルの明かりだけなので、ステージ側と客席側のコミュニケーションがいまいち取りづらい。こっちの反応が伝わらなくて軽くイラッとしてるのではなかろうかと、こっちももどかしい。

「緊張するなー。こりゃ大変だ」
(反応の薄さに)「選曲が良くなかった?」
「あのころは随分辛そうに歌っていたけど、今思うとそうでもないなーとか」
(反応の薄さに)「お腹いっぱいで眠い?」
(反応の薄さに)「早く部屋に戻ってパンツを洗いたい?」
「薄暗くて、500人の美輪明宏に見える」

そして、
「・・・最後にもう1曲」
・・・さささ、最後!?
会場、驚いてキョトン。
「みんなどれだけ欲張りなのよー。でも、気持ち込めて歌います」

「雪幻」
ステージ上で、あのイントロから再現。

歌が終わり、最後に全員が西川さんの合図でキャンドルの火を吹き消し、終了。「命のともし火が・・・」とか「精霊流しみたい」とか言ってたけれど(笑。

*
3曲とも共通して、ゆったりと丁寧で、落ち着いた深い声色で、会場のシンとした空気に似合わないくらいの強さで。アンプラグドならではの「そこで歌ってる」感は今までのどんなライブとも違ってドキドキものでした。西川さんも「いろんな音の詰まった曲をこの編成にするの結構大変なのよ」と言っていたように、この日のために用意されたサポメンの暖かい演奏をバックに歌う独特の空気感。最近聴いた曲を含む3曲だったけれど、全くの別物で十分満足。

西川さんの声で満たされた中にいることが、本当に幸せで、心地よくて、心底大好きだなーと、実感するのでした。来てよかった。聴けてよかった。感じられて良かった。


turbo surf ’07 in ハワイ 【Welcome Message Meeting】

■イベント1日目【Welcome Message Meeting】
▼日時:2007/09/17、昼過ぎ〜夕方
▼場所:PACIFIC BEACH HOTEL
○クイズ!タボネリア in HAWAII
○写真撮影

宿泊先のワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパから徒歩でパシフィックビーチホテルへ。
あらかじめ指定された10人1チームが横並びに席に付き、写真撮影と平行して「クイズ・タボネリア」が行われました。

クイズは3択の全33問。
西川さんの携帯ストラップは何か、とか、04年10月4日のANNの始まりで「こんばんは!○○です!」は何と言ったでしょう(選択肢:ブラッド・ピット、田原孝太郎、ニコール・キッドマン)とか、会報○○号のコーナーで紹介されたものはどれ、とか、全然わからないものも多々…。

写真撮影は、クイズの行われている会場の外のロビーにカーテンで区切られた場所があり、その中に一人ずつ通されました。前回同様、ポーズの指定はなし、西川さんは入って手前に座っているので、西川さんの前を通って左側に座ってください、などの説明が。

前回は西川さんへの接触を防止するためか(か?)、「turbo surf」のプレートを持たされたのだけど、今回は手ぶらでOK。レイやウクレレなど、自由に使っていいように小物が準備されていたけれど、これも任意。

前回は
スタッフに名前を告げ、
その名前で呼ばれてカーテンの中に入り、
数歩離れたイスまでヨロヨロ歩いて西川さんの隣りに座り、
チェック用のポラ一枚+三枚撮影し、
ヨロヨロと退室。
合間合間に少々の会話。
…という、割とゆったりとした進行だったのだけど、

今回は
カーテンの前に並び、
入るとすぐ西川さん、
前を通って隣りに座り、
パシャ、パシャ、と2回撮影
サッと退室。
失礼します、よろしくお願いします、ありがとうございました、
を言ったくらいで、その合間に西川さんから一言二言。
…という、短縮進行。

ちなみに前回は普通のイス、turbo surf Tシャツの西川さん、だったけれど、今回はそれよりインテリア性のあるイス、TMさん色の衣装の西川さん、でした。撮影は前回同様加藤千恵さん。

*

帰国前日に出来上がった写真を受け取りました。
前回はスナップ写真のようだったのだけど、今回は・・・(笑。

真っ白な背景と足元、オレンジ色のイスに、足元までが映った2ショット。ライティングのおかげで、西川さんも自分もすごくキレイです(笑。まるでホストとの対談後ショットのよう。帰国後、前回の写真と見比べてみると写真のキレイさは歴然。3年前なのに、西川さんも自分も今回の方が若く見える。今回は全身映っているから、映っている顔の大きさは小さいけれど、このくらいの方が(自分の)粗が見えなくていいかも・・・。(ちなみに前回あった直筆サインはナシでした。)

一昨年の沖縄の集合写真が、その場所ならではの写真でよかったように、せっかくならハワイでもハワイらしい景色をバックに撮れたらいいのになぁ。


turbo surf ’07 in HAWAII

ハワイ、行ってきました。

すごく楽しくて、行ってよかった!

今回は行かないつもりだったのだけど(と言っても誰も信用してくれないんだけど…)、ライブの煽り文句に一気に気持ちがグラつき、悩みに悩んで締め切りギリギリに申し込んだのでした。会社の夏休みも取っていなかったので、夏のいい区切りってことで…、とかいろいろ自分に言い訳をしながら(笑。

turbo surf的には、カラーの違う2回のライブが身に沁みて良かった。そして、ライブ直後ホカホカの西川さんと一瞬だけでも時間を持てて、十分満足。

2ショットも、3年前より1人当たりにかかる時間が短くてちょっとせわしなかったけれど、“いかにもTMさん”な感じの西川さんと、こっちも女優ライトを当ててもらっているようなキレイな出来で、写真としては前回よりよい感じ。

パソコンの前に座りっぱなしで残業三昧の日々からスパッと離れ、3年ぶりのハワイが単純に楽しかったのも大きかったな。

昼間の日なたはさすがに暑いけれど汗が出る感じではないし、午前中や夕方過ぎは涼しくて上に一枚羽織りたいくらいで、日本より全然過ごしやすく快適。夜の海に映る月の光や星の帯(天の川…?)、足の裏の砂の感触、心地良い風に吹かれながらの食事、、、。うーん、癒されました。戻りたいー。

というわけで、以下ザックリ。
順次内容追記予定です。

■イベント1日目【Welcome Message Meeting】
▼クイズ!タボネリア in HAWAII
▼写真撮影
○時間:昼過ぎ〜夕方
○場所:PACIFIC BEACH HOTEL

■イベント2日目【Anniversary Special Day】
▼ゲーム「アー写 七並べ」
○時間:昼前〜午後
○場所:ハワイアン ウォーターズ アドベンチャー パーク

▼T.M.R-e UNPLUGGED LIVE
○時間:夕方〜夜
○場所:PACIFIC BEACH HOTEL

■イベント3日目【Dream Birthday Party】
▼T.M.Revolution Special Request Live in HAWAII
○時間:夕方から夜
○場所:The Pipeline Cafe

事前に参加者からリクエスト(1人3曲)を募って上位10曲が演奏されるスペシャルリクエストライブ。

セットリストは10位からのカウントダウン方式
(下↓にいくほど上位)

1.LOVE SAVER
2.HEART OF SWORD -夜明け前-
3.O.L.
4.IMITATION CRIME
5.Zips
6.VITAL BURNER
7.LIGHT MY FIRE
8.SHAKIN' LOVE
9.とっておきのおはなし -新説恋愛進化論-
10.Tomorrow Meets Resistance



08月07日
西川貴教のオールナイトニッポン

というわけで、a.b.s.の夏ツアー、MATCH UPも終了。
んーと、名古屋、仙台、札幌、東京29日、に参加してきました。
いやー、サテライトを思い出させられる雨三昧のツアーでしたね。
札幌はいい天気だったけど、特に名古屋・東京は酷かった(笑。

4公演しか(しか?)行ってないなりに、他のアーティストの良い所も
見つけられて、楽しかったです。
でも、それ以上に本人たちが楽しんでたみたいで良かったね(笑。

個人的にも、CD<LIVEと思えるタイミングがあって良かった。
CD音源の再現性を高めて、さらにCD<LIVEと思えるようになるのには
試行錯誤しながらライブを重ねていくということなのかな。

ちなみに、中央付近で聴けたせいか、仙台・札幌が
西川くんの歌がガッツリ聴けてホクホクでした。
東京は端で見てたのだけど、やっぱり真ん中がいいなぁと思った次第。

*

話は変わって、ちょっと前に西川さんがゲストで出ていたラジオを
聴いたんだけど、よっぴーとの絡みを聴きながら、「ああああ、これこれ!!!」と
久々な感覚に、目頭が熱くなる想いでした…。

と、そんなタイミングで、昨年メッセージを募った
「西川貴教のオールナイトニッポン復活希望メッセージ募集」リターンズです。

嘆願、というより、
鳴り止まないスタンディングオベーション、といった感じ、かなー。。

ぜひ。



07月23日
MATCH UP'07 SUMMER SERIES

MATCH UP、名古屋・仙台・札幌に行ってきました。

野音、LIVE EARTH、名古屋、までは
どうしてもCD>LIVEとしか思えなくて、
むしろカラオケのMJ収録の方をよく感じてしまってました。

公録類も不参加が多かったので、掛け合い的なものも遅れを取り(笑)、
慣れたT.M.R.とは違ってまだ自分の中で勝手がわからず、
借りてきた猫みたいになって、TMさんの雰囲気が恋しくなる始末。

そして迎えた、仙台・札幌。
CD<<<<<LIVE、キタキタキタ…!(笑。

音響的な所が大きいのかもしれないけど、
この人のパワーは、やっぱり最強!やっぱり、超好き。
と思った次第。

特に札幌では、
場内の密度の低さゆえ(?)の妙な一体感、
気迫のメラメラ感が伝わってくるようで、
T.M.R.とは違う、駆け出しのa.b.s.ならではの
良さっぽいものを感じ、
ホクホクとした思いで帰路についたのでした。



07月08日
LIVE EARTH

LIVE EARTH 行ってきちゃいました。
個人的な感覚だけど、
歌声が判別し辛くて不完全燃焼だった野音に比べたら、全然良かったな〜。
割と前めのギュウギュウなスペースが、ライブハウス的な感じでもあって
思っていたよりも全然楽しんできちゃいました。汗だくになるつもりなかったのに(笑。

ちなみに私の周りには、a.b.s.ファンらしい女の子がチラホラいる程度でほとんどが男性。
西川さんが登場した時、「え?T.M.Revolution?!まじで?」と、ちょっと興奮気味な
男性グループがいたのがちょっと面白かった(笑。そこそこファンの子達が周りにいたので
軽いアウェイ程度で普通に楽しんできました。

ライブブース以外にいる人も多いから、アーティストが変わるごとに人の出入りはあるけれど、
LINKIN PARKの登場で、文字通り、盛り上がりは最高潮。
ここが目当てだった人が多数だったのは明らか。

西川ファンて他のアーティストでも楽しもう、盛り上がろうっていう、
よくいえば協調性、悪く言えば(語弊があるかもだけど)節操ないスタンスが
あるのが良いところだと思うのだけど、いやー、余所はクールだなと思った次第。
確かにa.b.s.にはT.M.R.と違ってコレといったヒット曲がないし、知らない曲が何曲も
続いたら辛いのもわかるけど、リズムすら取ろうとしないものなんだなぁと軽いカルチャーショック。
自分のお目当て以外にはクールなのは、いつぞやのアナハイムのライブを
思い出した(あの時は逆の立場だったけれど)。

ほか、初Coccoもよかったー。
ライブでどっぷりっていうのはちょっと躊躇するところだったから、
こういうところで聴くチャンスがあってよかったな。

近況としては、7月入って、残業残業送別会ラッシュの日々。
シングル買いに行く暇なくて、LIVE EARTH会場で購入(笑。
仕事の波が来てる合間にライブが挟まってるのは、去年の12月再び。。。



05月16日
HOWLING / NERVOUS BREAKDOWN

2ndシングル、昨日買って聴きましたー。
ANNが終わってから新曲をフルで聴くタイミングが激減して、フルで聴くのはPV試聴以外では初めて。カップリングも初めてで、まるで未聴の収録曲があるアルバムを聴くかのようなワクワク感(ちょっと大袈裟だけど)。

NERVOUS BREAKDOWN、イントロだけで、イベントで聴いた時の空気感が蘇ってきてドキドキした!ワナワナ…。

progressのアルバムを聴いた時にも感じたんだけど、なんか「勝った!」とか思った(何に/笑)。



05月13日
T.M.Revolution 11th Anniversary

めずらしく、今年はサラッと通過な感じのデビュー記念日。ですね。

さて、ココでは何の企画もないのですが、2007年5月13日企画:11周年11曲集へのご案内をば。ファンサイト“Remix・s”に便乗(?)させていただく感じで。

2007年5月13日企画:11周年11曲集

私は11曲、選べ、、、るかなぁ、、、(笑。
ちょっと弱ってたりでT.M.R.の曲が聴けないような期間もあったんだけど、久しぶりに西川くんの声に浸ってみたいと思います。あー、白い闇にハマリにハマった時もあったっけ。自分でバラード集作ろうかな(笑。

ちなみに先日、3度目のミュージカル観劇。
1、2回目は後方席で、個人的にラストの今回は結構前で見たのですが、近くで見ると視野も迫力も全然違って、新たな感動が。全体を見るには絶対中盤〜後方がベストだと思うのだけど、前は前で面白い!1、2回目はダンスとか揃っていないように見えていたのだけど、前で見るといい意味で粗が見えないというか(笑)、迫力に飲み込まれて、揃っていないのとかどうでもよくなる。チアとかは揃ってナンボだけど、フラメンコとかは個性出してバラバラでOKで、そのフラメンコ的な。西川くん以外の役者さんの細かいお芝居とか表情とかも楽しくて、前方席だったらまだ何度かは新鮮に楽しめそう。

でも、終盤の盛り上がりのシーンで西川さんがすごく笑顔で楽しそうに歌っているのを見て、私は西川さんのこの姿が一番好きなんだと実感した。ワンマンステージ、早く見たいなぁ。

そのくせ、昨日の音楽戦士はうっかり見逃し…。

というわけで、ミュージカル開催真っ只中ですが、T.M.Revolution 11周年おめでとう!次にT.M.Revolutionさんに会えるの楽しみにしてます!(いつだろう…/笑)



05月02日
R&R NEWSMAKER Mix Up! Vol.4 出演告知

おー、a.b.s.ライブ(イベント)情報が。
野音て行ったことないので楽しみー。
梅雨時だけど、晴れ男っぷり発揮してくれますように。

R&R NEWSMAKER Mix Up! Vol.4

日時:2007年6月17日(日)
開場 16:00 / 開演 16:30
会場:日比谷野外大音楽堂 [座席表など] [アクセス]
出演アーティスト:abingdon boys school / J / UVERworld / redballoon(Opening Act)
チケット料金:指定・立見 ¥4,800(税込)
チケット一般発売:2007年6月7日(木)

a.b.s. info



05月01日
近況

ニシカワDaysじゃなくて、月刊ニシカワ、いや、季刊ニシカワくらいになりかけていますが、ボチボチやっております。

えと、武道館のDVDも買ったし、ミュージカルも初日とその翌週の2回行ってきました。

DVDはまだ全部見てないんだけど、西川さんがturbo-webのDIARYに書いていたように、ホント楽しそう。すごく華やかで賑やかでキラキラしていたあの武道館ライブがパックされていて、いい記念の1本だなぁ。MCもダラダラと入っていて逆に新鮮。ライブに行ったことがない人が見たらどう思うだろうとちょっと心配になるくらい、いつもーの感じで。

そしてミュージカル。
初日は見ているこっちが緊張。最初の方の、理解しがたい曲&ダンスとか(no coffeeね)、いかにもミュージカルって感じがちょっと苦手かも…?と思ったけど、作品自体はコメディでテンポも悪くないので、飽きることもなく楽しく見られました。でも、やっぱり西川さんの歌はライブで聴きたいなぁ、と改めて思うのでした。

で、初日から一週間後に再度観劇。
むむむ、一週間でこんなにくだけてるとは(笑。悪乗りして他の出演者の方々に失礼のないように…と、ちょっとヒヤヒヤしつつ。良く言えば、まくし立てる口調も多いセリフやダンスがありながらステージを自分のものにして伸び伸びと楽しんじゃう事が(アーティストとして)頼もしい。

ストーリーについては、2時間半余りでのサクセスストーリー(&西川さんのキャラクター)ゆえ、モテて人に認められる本質がわからないのですが、それが逆に単純明快で誰でも楽しめることにもなるのかな。

西川さんだけじゃなく、他の出演者の方々も男女問わずキュートなキャラクターでかわいかったです。大塚さん、ドラマでもちょくちょく見ててかわいかったけど、舞台の方が存在感と華があってちょっとビックリ。歌も上手いしカワイイ。…相手役としてはちょっと大きいけど(笑。三浦さんは西川さんを妖しく誘惑するような役だと思ってたら全然違ってて、憎めない、ちょっと頭の弱い感じが似合っててこちらもキュート。

衣装展は行ってないです。
USJでのturbo surfで流した映像も見られるようなので、不参加者としてはちょっと見たくもありつつ。石川さん渾身の作品、気になるなー。

GWは9連休♪
ミュージカル見た後、東北へ旅行へ行ってきました。東北なのに24℃〜26℃で暑かった〜。



03月14日
近況。

またもご無沙汰です。
12月〜2月は私なりに残業の嵐の3ヶ月でしたが、3月に入って台風の目的に一瞬落ち着いてます。

「春=ツアー」に慣れてしまったので、ツアーのない春は旅に出たくなって身体がウズウズしちゃいます。何か乗り物乗りたい(笑)。

というわけで、私も(も?)、熱海辺りへ温泉旅に行ってきました。夜にライブのない普通の旅は開演時間を気にすることもなく(笑)、全くの別物で楽しかった〜。

西川さん関連では…
先日のPJ公録は不参加。PJ、終わっちゃうんだねぇ。けど、後番組も音楽番組なんだね…。せっかく歴史ある番組を終了させるんだから、心機一転するのは番組名だけじゃなければいいけども。

a.b.s.セカンドシングルも決定。
MBS・TBS系アニメ「DARKER THAN BLACK」(MBS4/5〜、TBS4/6〜)のオープニング。

アニメのタイアップも、ドラマ、映画、CM…、とかと同じように、もう1ジャンルとして築かれてるかなと思うようになったし、「またアニメ?」とも思わなくなってきました。(と言っても、アニメ以外のタイアップって全然ないから、負け犬の遠吠えっぽく見えなくもないか;)

先行試写があるようなので、オープニングで流れるのをいち早く見るにはよいのでは。

リアル試写【1】(160人)、リアル試写【2】(60人)、ネット試写(1000人)

リアル試写は、ソニービル内スペースのこけら落としになるのかな?キャパ的にイベントには来なさそうだけど、せっかくなのでネットの方だけ申し込むのもよいかと。。(ID登録必要だけど簡単)

あとは、16日のPJ、18日の堂本兄弟、19日〜21日のごきげんようなど、地上波での出演がババッと。

堂本兄弟(&僕らの音楽)には縁ないかなと思っていたけど、いい意味の(!?)大人の都合があると出られるものですね…(笑。これならTBSだけじゃなくフジにも出られるし、むしろこの大人の事情を利用してa.b.s.リリースを被せたかと思うくらい(笑)。きくちP氏のブログ読んでも、放送が楽しみ。



01月11日
2007年1月上旬

1ヶ月遅れでシングル購入しました(笑。
買い物がてら寄った新星堂では見当たらず、自宅近くの新星堂ではすでに通常盤、もう初回盤なんてないだろうなーと思いながら立ち寄った会社近くの新星堂で、初回盤発見!

発売から1ヶ月経ってるのでもう面出し(?)はされていなく、一応“ア”の棚から探したんだけどどうにもなさげで、もしかして?と“タ”の棚を見たら、あった。T.M.さんの企画物扱いかしら。。。

数日前は、フジテレビで深夜に放送された武道館ライブを視聴。
うーん、やっぱりライブはいいなぁぁぁ〜♪…と思わされたところでミュージカルのCMが入り、逆にションボリ。ミュージカルもきっと面白いと思うし楽しませてくれると思うけど…ライブの予定がないのが切ない。

でもA.B.S.F.C.によれば、着々とアルバムの準備か何かも進んでいそうで。リリースとミュージカルとライブ(?)はどういう順番でくるんだろう、楽しみ楽しみ。

…A.B.S.F.C.と言えば、、、
まだシングル1枚しか出してないバンドのFCが変に広がりを見せているのがどうもしっくり来ておらず。a.b.s.あってこそのFCなのに、FCやコラボや取材(?)などが先行していて、何がなにやら…。

SNSは面白いとは思うし西川さんがコミュニティ立ち上げてあれこれやり取りすること自体も全然構わないけれど、一応a.b.s.のFCサイトに入った私が求めているのはディーゼル西川社長の顔じゃなくa.b.s.の西川貴教さんなので、全然関係ないことをFCサイトでやらなくても…と思うのでした。武道館の映像見た後だったから余計に。



01月07日
…あけましておめでとうございます

超遅ればせながら、あけましておめでとうございま、した。
年賀状もやっと投函し終わった(え

やー、去年の12月が、今の仕事始めてからの6年間で一番しんどい1ヶ月だったかもなぁ。。。そんな中でのイヤカンは、身体的にはしんどいながらも、束の間の安らぎでした(笑。…空調切られた名古屋2日目以降は“安らぎ”じゃなく拷問のようだったけど!(笑。 さすがに体力的にもキツいので大阪は両日不参加でしたが、やっぱり年末のイヤカンは、風物詩のように今後も続けて欲しいなぁと思ったのでした。毎年内容に賛否両論あったりしつつも、それも含めて。

年内はひたすらお疲れ休み。年明けはひたすら寝正月。
仕事始めは4日でしたが、久しぶりに仕事したら知恵熱出そうになった(笑。

あ、ちょうど大晦日に150万アクセスを超えていました。
西川ファンサイトじゃなく、西川ファンの近況サイトみたいになっちゃっているので恐縮ですが、開設からの7年間、訪問ありがとうございました。縮小しつつポツっと更新する感じかもですが、よろしくお願いいたします。ちなみにミュージカルは東京3公演程行く予定です。その前にa.b.s.の動きとかあるかなぁ〜?



12月20日
近況とか私信とか。

12月に入ってからは、終電に間に合ったり間に合わなかったりする残業の日々を送っております。今日も、帰ってきてご飯食べてお風呂入ってあれこれしていて現在午前4時半…。そんなわけで、a.b.s.のシングルもまだ買えてないのだけど、…あれ?初回版とか終わってたりする…!?あわわ。

そして週末は辛うじて意識的に頭空っぽにしてイヤカン行ったりひたすら寝たり。先週の東京公演は17日に参加。ハッピーバースデー歌ってもらってご満悦(違。誕生日のお祝いメールなど、本当にありがとうございます。返信しきれていなくてゴメンナサイィィ…。

*

西川貴教のオールナイトニッポン 年賀状で復活嘆願」しませんかー?継続は力なり。

会社の入っているビルで毎年行われている防災訓練、新潟の地震があった年は例年以上の参加者があったのに、年々また減っていて、そうじゃないだろ!…と思うのです。ちょっと違うかもだけど、その時だけじゃなく忘れないように…の例えでした。

ではではオヤスミナサイ;



12月12日
T.M.R. YEAR COUNT DOWN PARTY LIVE REVOLUTION REMIX X

ヤバかったです。
むちゃくちゃ楽しくて、
むちゃくちゃカッコよくて、
ホント、メロメロになりました(笑。

ダメだなー…、根っからの西川ファンだということを再認識してちょっと凹む。
身体に染み込んだ体質はそうそう簡単に抜けないものだねぇ。

あまりこういうところで書かないほうがいいのかもしれないけど、
オチは↑なので書いちゃいます。

私にしてはここ最近落ち着いてきたはずでした。
別にファンをやめるとかじゃないけど、公録も行ってないし、
メディア情報も把握してないし、要所を押さえておけば、くらいで。
…もっとも、はたから見れば十分西川ヲタクだろうけど(笑。

しかし、そうは問屋が卸さなかった。。
西川さんから発せられる全てに魅了された2時間。
ダテに9年間ファンやってなかった。
やっぱ好きなんだなぁ、ホント。面白いや。

a.b.s.のFCサイトで、岸さんのクレバーな感じを
「かっこいいなぁ、それに比べて西○さんは・・・」なんて
思っていたんだけど(笑)、西川さんはこの西川さんでいいんだよね(笑。
決して全肯定できる性格ではないと思うんだけど、
あのライブをやってる西川さんを構成している全ての性質は
全肯定すべきだ(って、全然意味わかんないけど、まぁいいや/笑)

バラードも、歌詞に対して感情が篭っているようで篭ってないことを
感じたりするのだけど、西川さん特有の説得パワーが、なんかすごい。

*

ちなみに、会場のせいなのかわからないけど、
名古屋は西川くんの歌にパンチがあってよかった!

そして、名古屋2日目の2階の暑さは尋常じゃなかった(笑。
床も壁も水蒸気・水滴がビッシリ。
あまりの暑さに耐えかねてアンコールの時に会場を飛び出したんだけど、
扉開けようとしたら、ツルッと手が滑った…。
開けた扉からは湿気を含んだ熱風が吐き出されていて、
もう中には戻りたくないくらい。

で、戻ったら西川さんも

「アチー!!!!!」

昼公演、なんか荒くれていて怖ぇぇ…と引き気味だったんだけど、
あまりの暑さに逆にハイテンション。
体力はもう全て奪われてたはずだったのに、最後の曲は飛びまくりで楽しかった〜。

死にそうだったけど、前のイヤカンとかサテライトとか、こんな感じだったかも。
昔はTシャツ絞れたこともあったけど、最近は結構ゆったりしててラクチンだもんね。

ん、ていうか、前の方のブロックは余裕あるのに、後ろのブロックは
扉から人が溢れそうなくらいみっしりなのは何故だ。

*

セットリストについては、1回でも面白いけど複数回(3回かな…)行くと
お腹いっぱいになれますね。前までのイヤカンぽさはないかもしれないけど、
節目のイヤカンという感じ。

とある日のバラードの並びは、個人的に超渋いというか苦い感じでした(笑。
イヤカンなのにこの辛さはなんだろう。

*

なんか取り留めなくなりましたがこの辺で。

メロメロにはなりましたが、熱に浮かされっぱなしとかじゃないので大丈夫です(何がだ

*

どうも12月は忙しくて、CD屋の閉店に間に合わない。
a.b.s.、第一週のランクに貢献できなかったな…;



11月26日
ご無沙汰してます

足を運んでくださった方に何の情報も持ち帰ってもらえない状態のままで失礼しています。

まもなくイヤカンということで久々の書き込みがチケット絡みなのがアレなのですが、初日12/3を12/16と交換してくださる方を探しています。1枚でも2枚でも構いません。(売買BBSを見ると等価交換が難しそうなので、12/3は知り合い優先でお譲りするかもです。)→12/3のチケットは友人に譲り済みです。12/16を譲ってくださる方は引き続き探し中です。

*

近況は…
武道館まで遡ると(笑)、東京2公演・大阪公演と、Anniversaryらしい賑やかなT.M.R.を堪能。泣いちゃうかなと思ったけど(自分が)、ノスタルジックな感じよりもおもちゃ箱をひっくり返したようなお祭り気分で楽しかったです。

USJバースデーは、turboのツアーには申し込まなかったので勝手に参加組。前日から行って、夜は「介護エトワール」を鑑賞。ソルシエ&ピーターパンは、西川さんのエンターティナーっぷりが出まくっていて、改めて面白い人だよなぁ〜と感心。

大阪でのPOPJAM収録やイベントは不参加。PJはオンエア見たら音源聴くだけよりも魅力的に見えました。良くも悪くも、やっぱりLIVEで歌ってる姿込みの方が輝く人ですね。

来年の春はミュージカルとのこと。何でこのタイミングでミュージカルなんだ…と肩透かしを食らう感じは大いにありつつ、でも、いろいろやりたがる性分ぽいのも認めつつ。なんだかんだで見に行きたいと思います。

明日のPOPJAM収録も不参加の予定。新宿の旧リキッドルームで行われる衣装展は明後日28日から。うーん、いつ行こう。一応1回は行くつもりです。

a.b.s.のsingleもまもなくですね。INNOCENT〜もカップリングもまだ通して何度かしか聴いてないけど、早くAlbumでいろいろ聴いてみたいかな。ポツポツ届く公録情報を見ると、新人らしい全国(じゃないけど)行脚ぽい感じが(笑)。

その他近況、
仕事は相変わらず忙しかったりそこそこだったりの波を繰り返しながら年末絡みの波に飲み込まれ始め。案件自体は結構デカめなのが少なくないので、乗り切って報われたいところ(笑)。あ、超近況としては、さっきのジャパンカップに泣いたー…。凱旋門賞以降のディープ関連の報道にうなだれていたから、勝ってよかった…。有馬記念も気持ちよく勝ってくれるといいなぁ。

と、久々ながらとりとめないまま失礼します。



08月18日
本日、武道館!

ま、またもや丸1ヶ月ぶり…。
環境の変化と心境の変化とでここの更新が途絶えてはいましたが、
一応ちゃきちゃきと参加してます(笑。a-nationも行ってましたよ。
a-nationはsilver&gold danceの吠えっぷりが愉快すぎて大爆笑。
TMさんでもa.b.s.でも見られないだろうドスの効かせ具合にトキめきました(笑。
あの衣装もすごく可笑しくて、あれでvestige歌われても説得力ないなー!と
思いながら聴いていたんだけど、途中からまんまと引き込まれ、聴き終わった時には
友人と顔を見合わせて「やっぱ、いいね…」。

そんなこんなで、晴れ男の威力を超発揮した超快晴!暑い!
8年ぶりの武道館2Days、いいライブになりますように〜!

って、まだ実感ないなー・・・。
武道館の前に辿り着いたら、実感沸くかな…ドキドキ。

あー、この1ヶ月、ツアーファイナルとかusjイベントとか、ネタ自体はあったのだった・・・。
usjはあのツアー自体には申し込まなかったので、勝手に行って遊んでこようかなー、な感じです。



07月18日
近況) 6月中旬〜7月中旬

丸1ヶ月ぶり…超ご無沙汰しました。

1ヶ月分の簡単な近況としては、

1週目:W杯絡みで仕事がバタバタ。キャパオーバー。
2週目:原因不明で体調が不安定。病院行ったり。
3週目:対人面での浮き沈みやストレスやらで食欲減退。
4週目:諸々回復したものの更新のタイミング失う

西川的近況としては、

神戸/市川2Days/福岡/鹿児島/仙台/静岡/香川/国際フォーラム2Days…と一応参加してます。市川の週は体調激悪だったのでずっと座ってたりだったけど、すごく楽しんできましたよ。

あと、オールナイトニッポンの復活希望メッセージ受付の件について、締め切り前に何も触れずに失礼しました。受け付けていたページでは、現在、取りまとめから発送までの経緯が報告されていますので、是非ご覧いただければと思います。

西川貴教のオールナイトニッポン 復活希望メッセージ受付(結果報告)

報告ページには載りきらないくらいの、気の遠くなるような手間と、読んでみようと思ってもらえるような工夫と執念(笑)で、できる限り大切に届けさせてもらっています。(私は途中で口を挟ませて貰った程度でしたが;)

1ヶ月ぶりに更新しようと思ったのは、国際フォーラム2Daysを終えて、ですね。

変なLIGHT MY FIREに、謎の独裁に…とあれこれ思うところはありつつも、あまり触れずに様子見したい感じです。

…と、私が一晩寝かしているうちに、本人の書き込みがあり、更に書き込みがあり、で、この件はなんとなく終息に向かっている感じなので(笑)、引き続き様子見で。本当に落ち着いたのか、表面上落ち着かせたのかはわからないですが。

*

ステージの西川さんに対して全肯定のスタンスもありながら、一方では買いかぶったり夢見たりせず冷静に見ていたりもしているつもりでいます。

西川さんの何かに冷(醒)めたとしても、ライブを見るとやっぱり素敵なのですよ。こんなに何本も何十本も何(略)本も見てきても、それでも未だに魅力的に映っていることは、私が言うことでもないですが、自信を持って誇りに思って貰いたいもので。

わざわざ宣言しなくても、これからも「らしく」やってくれていればいいんじゃないかなと思います。新鮮さはお互い失われるかもしれないけれど、魅力は健在だよ。

でも、本人に思うところあれば、外野の声は置いておいて、ちょっとゆっくりしてもいいかもね。…って、よくわからないけど(笑。もっと大きいこと、大きい会場もやりたいよね(笑。



06月15日
NHKスペシャルドラマ「介護エトワール」

…とやらにご出演とのこと。
turbo-webのメディア情報に載っていたのを見ても、「んー?」とあまりピンと来なかったので、特に何かを調べることもなくとりあえずスルー、というか様子見、続報待ちな感じでした。

そして、本人自らの書き込み(TAKANORI DIARY)が。

「ご存知の通り、久々のドラマです!」

…や、ご存知の通り、って言われても!そんなご存知じゃないし!

さらに、BBSへの書き込み。

…テンション高っ!

やー、先週は仕事が忙しくてバタバタしていて、今週はちょっと落ち着いたものの体調がおかしくてグッタリだったので、西川くんのテンションが癇に障るくらい(って。おぉう、置いてけぼり食ってる感じだ。

なんか、激しく忙しそうだけど、たーのしそうだねぇ〜。
つい、“ドラマやってる場合じゃなくない!?”なんて思ってしまいそうになるけど(笑)、しっかり平行してツアーに大阪アニフェス、a.b.s.作業に…とやっているようなので、余計な口を挟む余地なし。いやはや、バイタリティに脱帽。

ドラマでは原沙知絵さんの兄役との事。ちゃんと楽しみにしてます。
西川くんのお芝居、ニヤニヤしながら見るんだろうなー…(笑



06月14日
「1000000000000-ビリオン-」オリオンウィークリーチャート1位

まず、

「1000000000000-ビリオン-」のオリオンウィークリーチャート1位、おめでとうー!

って、遅ー!(笑

*

vestigeに続き、ランキングっていう目に見える部分でも“1位”だなんて、10周年が華やかで気分いいなぁ。

…というか、この1位が8年5ヶ月振りっていうのにビックリ。

ランキングってシングルの方が派手というか目につくので、アルバムの方はいつもあまり気にしてなかったのだけど、いやいや、triple joker以来だったとは!へぇぇ、そうだったんだねー…。今回デイリーランキングで1位が続いているっていうのはチラチラ目にしていたんだけども、失礼ながら周りがそんなに競り合う相手でもなさそうに感じていたので、“当然”のように思ってしまってた。アワヮ。

…なんて“当然”かと思いつつ矛盾しているのだけど、失礼ながら誰が買っているんだろうという驚きも(笑。や、ベスト盤ってライト層向けだと思うから、枚数的にはそれほど多いわけではなさそうな1位とはいえ、対・シングル曲、ではなくTMさんに興味のあるライト層が結構いるもんだなーと嬉しく思うというか。



06月13日
続・続・西川貴教のANNについて

メッセージの募集については6/12を締め切り(予定)としていましたが、“最近知ったので締め切りを延ばして欲しい”という問い合わせがあることと、実際の印刷作業などにもう少し時間がかかることなどから、最終締め切りを今月末の6/30に再設定しました。なお、6/12現在の総数は802件です。

取り急ぎお知らせまで。引き続き、よろしくお願いいたします。

西川貴教のオールナイトニッポン復活希望メッセージ募集


月光音楽団(後編)

日本×オーストラリア戦。
1点リードしながらも全然安心できず、疲れながら観戦していたら、ウワァァァアッッッ!と続けざまに3点入れられ逆転負け…。あーうーーーー。夢ならいいのに・・・。。。んー、でも、仕方ない。

と、頭の中が白くなりながら、月光音楽団。

番組サイトに載っていた写真や先週の予告でも気になっていた通り、出演者を目の前にしてのライブ。

ななな…なんか近すぎて歌いづらそう…( ̄ー ̄;;;
目線、微妙にキョロキョロしてて変だし(笑
でもTHUNDERBIRD、逆にその出演者達に見せ付けるかのような、マイクスタンド持っての熱唱っぷりがスゴー!!!(笑。

HIGH PRESSURE、HOT LIMIT、THUNDERBIRD、WHITE BREATH、vestigeが、メドレーじゃなく1曲ずつ丸々だなんて(テレビ仕様とはいえ)ちょっとスゴイ…。こんな歌わせてくれる番組あったっけ、ありがたすぎる。。

歌、ちょい気になるところはありつつ、また、ところどころカメラが出演者を抜いているのが西川ファンとしては余計(失礼)でありつつも、ライブでもなく(スタッフしかいない)スタジオ収録でもなく、変な雰囲気での面白く貴重な番組でした。久しぶりのTBS、感謝!

オリジナル音源で聴くのも良いね〜♪
THUNDERBIRDの速さも、歌いっぷりが派手(笑)になって好き。



06月12日
続・西川貴教のANNについて

お知らせ失礼します。

1ヶ月ほど前より募集しています「西川貴教のオールナイトニッポン復活希望メッセージ募集」は本日6/12を締め切りとしています。

おかげさまで現在600件を超え、駆け込みでもう少し増えそうな気配です。経過は“nskwann.com”の方で引き続きお知らせすると思いますが、いただいたメッセージは1件1件を大切にした形で届けますので、よろしければ私たちを利用(笑)してメッセージをお送りいただければと思います。

西川ファンサイトが発端となっているので、今回集まったメッセージは本来のリスナーうちの氷山の一角かと思いますが、それでもこれだけ沢山の人の声が集まったことを感謝し嬉しく思います。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

西川貴教のオールナイトニッポン復活希望メッセージ募集

(レイコ@協力人)



06月09日
別注カドカワ 総力特集 西川貴教

厚さ1.5cm、約250ページ、丸ごと西川貴教。
手にとって頭っからページをバラバラバラッとめくってみると、(最後がちょっと違うとはいえ)ホント丸ごと。当然文字の量も半端ないのだけど、興味深い内容と読みやすい構成や編集で苦なく(?)読み進められるので、のんびり読めばいいやと思っていたのに黙々と一気に読んでしまいました。

今まで書籍類はいくつも出ていたけれど、これほどのものは無かったなぁ。カッコ付け気味の写真が多いとかでもなく、主観ばかりでもなく、雑談がダラダラと文字になっているわけでもなく、いろんな要素が満載で充実。友人・スタッフ・関係者…、非常に沢山の方々からのコメント等、“西川くん発”じゃない部分が豊富なのも広がりがあって面白い。

やー、逆にね、充実しすぎていると“ここまでできるなら、もっといけるんじゃ”と欲がでてしまうんだという、非常に贅沢なことに気付いちゃうくらい。

*

感想書いていたら取り留めなくなって、行って帰ってきてまた行って…とワケわからなくなってきてしまった。。。以下、微妙に偏った感想だけとりあえず送信。コンテンツ豊富だからあれこれ感想は書きたいんだけど、何せ膨大なので追々。。

*

今年に入ってから、音楽誌では10年振り返ったりすることが多かったじゃないですか。で、過去を語られて逆に肩を落とすことも多かったので(笑)、この文字ビッシリのカドカワも途中で読むのが嫌になる可能性もあったはず。だけど、そういうの、なかったなー。さすがにB☆E☆S☆T辺りは胸騒ぎがしたけれど、96年からの流れをザーッと読んでいる中で、あの頃の葛藤や選択もある意味納得できるような気持ちにもなり。や、納得は出来ないけれど、西川くんのT.M.R.との付き合い方が明確になったことは西川くんにとっても、続・T.M.R.にとっても良かったなとか。

ともあれ、その辺りを読みながら涙出そうに…(笑。西川くんに感情移入とかではなく、島流しにあったような気分だった当時の自分と、今これを読めている自分に。島流され組がいたことも承知だったというのだけは救い(笑)でありつつ、あのツアーを楽しんだ者としては、自分の希望の選択肢が選ばれなかったことを残念に思い出し。

この選択を、“"次に期待してますよー"っていう人たちら”に、「オマエの判断間違っていなかったよ」と言わせられるように、とのことだけど、まさにその“ら”として、、それは、どうかな。

新たな展開もあり、新たについたファンもいるし、今こうやって活動できているのだから間違ってはいなかっただろうけれど、実際あのタイミングで去ったファンもいる。ただ西川くんも言っているように、全員を納得させるのは無理。結局、間違いも間違いじゃないも、どちらかにしか行けなかったのだから。

…昔、「if もしも」ってシリーズがあったのを思い出した(笑。タラレバを言っても仕方ないけれど、やっぱり“もう一方”も見たかったよね。興味あるなー。ま、その辺はこれからのお楽しみで。

っと、久々(?)にウダウダモードのようになってしまいましたが、
結果こうして賑やかに“T.M.Revolutionの10周年”が迎えられていることは嬉しいし喜ばしいし凄いなと思います。西川くんの頑張りと資質の賜物。西川くんよく頑張った!(って何様/笑)。この間の滋賀ライブの時にも感じたけれど、爽快で清々しい。おめでとうございます。

*
しかし、改めてすごいボリューム。
まさかこんなものを作っていたなんて。1100円とはお値打ち。
西川くんだけじゃなく、関わった角川の方達は大変だっただろうなぁぁぁ。
関係者からのコメント部分だけとっても、全部それぞれの事務所なりに企画の説明から何やらの調整、、、膨大だ。

*
“総力特集 西川貴教”を読んで、何で自分はファンなんだろうなーなんて改めて。
歌だけじゃなくいろいろ見聞きしてきて“西川貴教”っていう人に惹かれている、と思ってはいるのだけど、言動は全然全肯定できなくて(笑)、やっぱ歌(ライブ)だけでいっかとも。そんな人間くさかったり合わない感じもひっくるめてこっちの波を揺さぶってくるのがタチ悪い(笑。罪なヤツだのー。

*
当時の背景を読みながら「billion」を聴いて。
9年ファンやっていて、浮いたり沈んだりする感情の中にその時どきの西川くんの曲が染み込んでる。オリジナル音源を聴くと、ホントいろいろ思い出す。

CD音源よりもライブを重視するのはわかるけれど、CDに入っている歌声にも十分魅力と思い出が詰まってる。あんま邪険にしてくださんなよ〜(笑。

*
余談)「別注カドカワ」への道。

会社帰りの小さめな本屋に3冊くらい普通に置いてあったので、この分ならどこでも手に入りそうだな〜と自宅近くの5%引きで買える本屋で買うことに。しかしどうにも見あたらず、店員さんに「入荷はしてるんですけどね…(カラの平積みスペースを指さしながら)ここにあったのかな…」と言われ慌てて別の本屋に。行ってみると「予約分でいっぱいですね〜」と言われ、こりゃ会社の近くで買っておけばよかったかもと思いながらもう一軒…。お、あった〜!おそらく平積みで2山あったと思われるスペースに残り2冊。ギリギリ。カドカワとDEFROCKのコラボTシャツより入手困難なのではと思わされた始末(笑。

ちなみにコラボTシャツは食指が動かなかったのでスルー。
a.b.s.の財布は買っちゃったけどね(笑。



06月07日
billion-ビリオン

会社近くの新星堂は割と目立つ所に置いてありました。
店頭に並んでいるのを遠目に見ると、グラデーションが思ったより柔らかい感じ。

自宅近くのVirginでは試聴している男子が…。
シングル全部持ってるしなぁと購入自体悩みどころでありながら、まぁ記念に買っておくかぁーと。せっかくなので、試聴してる男の子のそばから取ってレジへ。あの子、結局買ったのかなぁ(笑。

実際再生してみると、これはこれで結構面白いかもね。
ipodとか持ってないしシングルを引っ張り出して聴いたりすることもそうないので、こうやってダーッと聴けるのは便利といえば便利。コンセプトアルバムとしてガッツリ聴きこむとかじゃなく、ひたすら名刺代わりのA面(?)だから、いい意味でサラッと聴けるような。アルファベット順っていうのも次何がかかるかすぐわからなくて新鮮。

*
しかし、最近の音楽誌で“前に出したベスト盤は不本意だった”と言っているのは…(-_-)。私にとって、あのベスト盤(&ツアー)とout of orbitの頃、すごくキラキラしてたのにな(…笑

…と、前回のベスト盤がリリースされた4年前の日記を遡ってみたら。。

最近の雑誌、どれを読んでも清々しくて、西川くんが楽しそうなのがすごくわかる。

最後のシングルを、5年間の中で1番いい曲だと言う。
けど、それは西川くんの勝手でさ。私はいつだってそれを願っていたのに。西川くんがその時その時にどう思っていたかなんてわからないし、西川くんだってその時はその時でやっていたんだろうけど、今振り返ると自分の気持ちと繋がっていない歌を歌ってた。封印の事だって、ホント、周りに動かされていたんだなって。

西川くんは1人残らず連れて行くって言う。けど、急にすごいスピードで進み始めてるから、その勢いに振り落とされそうだ。 あまりの前向きさに嫉妬する。

数年後、今を振り返って、否定するようなことは言わないで欲しい。いや・・・もう言わないと思うけど。

ギャー!!!
笑うしかない(笑
ま、そんなこんなでグルグルと(笑



06月06日
PJDX&月光音楽団(前編)

滋賀→長野の感想が滞ったまま、気付いたら相当放置してしまいました。
特に何があったというわけではなく、仕事がバタバタしていて帰宅後に余裕がなかったのと、元来の筆無精発揮ということで。神奈川も含め遡って感想残したいのだけど、簡単なメモしかできてないまま日が過ぎてしまうなぁぁ。最近仕事が増えてる気がしてシンドイ。時間足りない。夜が短い。帰ってきて夕飯食べてお風呂入ってちょっとネット徘徊しただけで朝6時過ぎた時は焦った(笑。

…なんて、偏食と寝不足が自慢になるようじゃ〜♪なのは置いといて、今日(明けて昨日)はPJDXと月光音楽団とやらを視聴。

PJDXの方は、マイケルジャクソン×スマスマを見ながらちょこちょこ様子見。
ラテ欄には“TMレボリューションの10周年企画では、彼が自ら思い出のシーンを紹介。”と掲載されていたから結構時間取ってくれてるのかなと思っていたのだけれど、初登場時&PJ司会振り返り&去年の紅白をザザッと紹介してパパパパッとメドレー歌って、予想よりも駆け足な感じ。収録のときは“特別扱いだー!”って思ったんだけどね(笑。

1時からは「月光音楽団♪
通常より30分遅れらしかったのは亀田さんのせいでしょうか(笑。
余談ながら、亀田三兄弟の動向は全く受け付けないのだけど(笑)、世知辛い世の中、平和な感じでアリなんだろうなーとぼんやり眺めております。

で、月光音楽団。初めて見たのだけど、出演者、若っ!
若さのせいだけじゃなく性格的なものもあるだろうけど、キャイキャイした雰囲気にちょい疲れ…(笑。一番胸がトキめいたのは、来週の予告でちょっと流れたTHUNDERBIRD(原曲版)でした。かなりツボで、あの予告だけでメシが食える!(笑)。ちなみに予告で流れたのはHOT LIMIT、WHITE BREATH、HIGH PRESSURE、THUNDERBIRD。出演者を前にHOT LIMITとか歌っていたのがバラエティー番組っぽくてちょっと気になるところではありつつ。

ぎゃ、新聞配達のバイクの音が。寝なきゃー。

…と言いながら、予告のTHUNDERBIRDだけまた再生しちゃった(笑。いい歌いっぷりだー。



05月28日
長野公演メモ

夜のうちに名古屋へ向かい、明けて長野へ移動。
今回のツアーで2番目にキャパの少ない会場だったのだけど、入ってみると案外広い。客席が扇状に広がっていたり天井がしっかり高いからかな。西川くんは今回一番小さい会場だと何度か言っていたけれど、一番狭いのは鹿児島だよね(笑。

変わった造りとセットと一体化したような雰囲気だった滋賀の会場も良かったけれど、音的には長野の方が断然良く感じてしまいました。

滋賀とも違う雰囲気ながら、セリフ的には滋賀よりも10周年らしい、心機一転の意気込みを感じたり。



05月27日
滋賀公演メモ

“T.M.R.11年目、最初のライブ"ではありながら、
それ以上に滋賀という土地柄が強く反映された印象的なライブでした。

T.M.R.の10周年というタイミングを引っ提げ故郷に錦を飾る、という感じもありつつ、地元を出てからT.M.R.がカタチとなって10年を迎えるまでの17年に、今感じられる真摯な感謝の気持ちを持って落とし前をつけに来たような、暖かさと清々しさが心地よく優しく。

西川くん自身がこの土地でやっているのをすごく意識しているし、目に見えて実際のファミリーもいらしているし、こちら側も少なからず意識しているしで、ライブは基本同じ流れで進んでいるけれど、表情や歌がいつもとは違って見え。

表情は…、なんだろう、笑顔だとか照れ笑いだとかでは括れない、何ともいえなく人間ぽい感じ。歌も具体的に書くのは無粋ながら、例えばvestigeのラスト「残して、此処に〜」の強さだとか、歌でこの地に自分の痕を残すかのようで。

Twinkle Million 〜、夏の武道館で聴いたら泣いちゃうかも、と思っていたけど、ここで先に泣きそうになってしまった。独裁も、なんやカッコよかったなぁ。。

*

心配されていた天候は、一応雨に降られる事もなくホッ。
しかしドンヨリには変わりなく、初めて見た琵琶湖のほとりはまるで日本海かと思うような荒々しさで怖かった…(笑。



05月22日
続・続・ナニワらいぶ館

今でも連絡を取り合う中とはいえ、2人で一緒に歌う姿はもちろん、並んでる姿もそう見るタイミングはなかったので、実際に仲良さそうなやりとりが見られたのは面白かったなー。似たもの同士の変な2SHOT。ただナナコがあまりに華奢なので、西川くんが随分ガッシリ見えた(笑。ナナコも一時期病的なメイクだったりカラーセラピーの本出したりと雰囲気変わったかなと思った時期もあったけど、昨日は普通に昔通りのナナコな感じで。

*
とにかく、ナナコの持ち歌3曲以外出ずっぱり状態。
独裁での「あんた誰一体?」の掛け合いなど、声の揃いっぷりも思いっきりホーム。。出演者も多くないから、通常のPJみたいに転換に時間がかかることもなくスムーズ。西川くんのMCがテレビ向けではありながらも十分“ショー”・“ライブ”として成り立っていて、公録じゃもったいないくらい。(実際のオンエアも、ファン以外は見ないような局&時間帯でもったいなすぎるし…)

この“ナニワらいぶ館”は“シブヤらいぶ館”という番組の特別版とのことだったので、渋谷でやってくれれば気軽に観覧行けたのに〜!と思っていたけど、終わってみれば西川くん&ナナコ&上田正樹氏のメンツは“ナニワらいぶ館”だからこその組み合わせだったということで。

*
この組み合わせがホント楽しかったから、フトここにPUFFYちゃんも一緒に3組で10周年イベントなんか出来たら楽しそうだったなーなんて思っちゃった。売れた時期も被っているから曲もそこそこ知っているし、お互い10年やってきた貫禄や同士な感じで。結構ワイワイと楽しそうなのになぁ、と。


PJDX

ほかの出演者は1曲ずつなのに、トリで独裁→ヴェスティージ→ホットリミットのメドレー&魔弾でした。変なメドレー(笑。衣裳は昨日と同じかな。精一杯崩した魔弾が愉快ー。



05月21日
続・ナニワらいぶ館

3曲プラス、サプライズ2つ、久々に超興奮、楽しかったー!ゲストが2組だったから持ち時間は結構あるかなとは思っていたけど、まさかこんなスペシャルライブだとは。。。

観客もほぼ2人のファンだし、普通に2人の企画イベントのよう。ホール自体もキャパ1500程で、渋谷のNHKホールを見慣れてるから、入った瞬間、狭っ!と思うこじんまり具合。この地方のホール並みも良かったな。普通にチケット代払いたくなった(笑。

最後の極め付けは、収録終わりの挨拶後。ナナコが先にはけ、西川くんが何か言いたげにステージに残り、

「東スポにワケのわかんねぇ記事載ってましたけど、、あれ全部嘘なんで!」

…!!!

いやいや、アハ(笑。

というわけで、改めてセットリストは、

ハイプレ
→(西川くんの紹介で)相川七瀬スウィートエモーション

→独裁
→ヴェスティージ

→上田正樹氏とイマジンのセッション

→相川七瀬夢見る少女じゃいられない
→相川七瀬最新曲(エブリバディゴウズ?)

→相川七瀬とto be with youのセッション(スナオさんと柴さんも)
→アンコールと称して最後の曲撮り直し(1回目、西川くん大幅にハズしてた気が…)

司会者とのトークもナナコとほとんど一緒。入れ替わってもわからないだとか、(ナナコの子供に)お年玉くれるとか、今でも付かず離れずの親戚みたいないい関係と。お互いを、タカノリ、ナナセって呼んでいて、前と変わらない関係が嬉しいなぁと。

上田さんとのセッションは、相手の大きさに今までにない変な汗をかきながらも、すごく楽しみました。声質の違いが絶妙に絡んだ瞬間が何度かあって、鳥肌。そしてまたおやじキラーっぷりを発揮してました(笑。

ナナコとのセッション曲は西川くんのリクエストだったそうです。一昨年にハワイイベントでも歌った曲。

というわけで、一応送信。
ホント満足。NHKに感謝!


ナニワらいぶ館@大阪

前の書き込みの後、結局終電帰宅でグッタリで、翌日も忙しめでグッタリで、昨日は暑さに伸びていて、、、なので今日は休養にしようなかぁと思いながらも結局来てしまいました。

座席を引き替えて、開場まで外で涼み中。昼間はすーごく暑かったけど、今は夏の夕方って感じで風が気持ちいい。

1週間音沙汰なかった西川くんなので、ちょっとおそるおそるな気持ちもありつつ参加してきます…(笑。



05月18日
近況諸々メモ

ご無沙汰してました。
5/13以降本人の動きがパタリと見えないのと、5/13-14の週末に
ライブが無かったのとで、落ち着いてしまいました(笑。

一応平日は真っ当に働いているので(笑)、仕事や人間関係や何やかんやと普通の生活に追われております。今月は後半にいろいろ詰まってきてて、仕事と西川活動のW生活がキツひ。

そんな中、いくつか新たな動きもチラホラ。

まずa-nation、8/12(土)名古屋公演出演とのこと!

a-nationをさらに熱く盛り上げるサプライズアーティストを発表!
(新アーティスト写真微妙だにゃ)

かつての“そんアリ”みたいに何だか夏の恒例行事となりつつありますが、余所のレコード会社に呼ばれ続けるのが愉快。ここまで続くと、途中で呼ばれなったとき逆に寂しくなりそう(笑。

しかし、a-nationもこのままだとマンネリにならないだろうか?本来の出演者のメンツの力が弱くなってきてそうな気がするようなしないような。西川くんの出演公演にはBoAちゃんや大塚愛さん出ないみたいだし(…また客寄せ&盛り上げ要員なのでは/コソ)。(…ま、それはそれでありがたいか…)

もひとつはデスノートトリビュート盤にa.b.s.で参加の気配。
トリビュート荒らしな感じもオモシロイ。けど早くオリジナル音源出して〜!!!切望。

今週末はライブがない代わりに日曜が大阪公録、月曜がPJDX収録。どちらも数曲歌いそうなので、オンエアも楽しみー!

ちなみに近所の新星堂ではちゃんとカラーの予約用紙がありました。使われている写真は、ちょい前のホストっぽいやつですが(笑。

あ、触れそびれていたけれど、tm-revolution.comの方もリニューアル。TOFU RECORDのサイトも大々的にT.M.R.の10周年のお祝いモードで、ロゴ部分までTMR10thに。



05月14日
10周年記念パレード@USJ

時間がないので一言だけ。

T.M.Revolutionの10周年、おめでとう!
&続けてきてくれてありがとう!

っていう気持ちで迎えたかったけれど、5月13日自体はワサワサと過ぎてしまいました(笑。

パレードも最初聞いた時は乗り気じゃなかったんだけど(笑)、どこで見ようかね〜なんて友達とポイント探したりしながらパーク内をウロウロしたり、ワクワクとして楽しかったです。雨が降ったり止んだり、明るくなってきたと思ってもまた降って来たりと、パレードが中止か規模縮小か決行かにギリギリまでヤキモキさせられたけれど、無事(じゃなかったけど…)決行が決まった時は嬉しかったな。“パレードが見られる!”っていう私達の喜びというより、“せっかく企画したパレード、決行できそうでよかったね!!!”って気持ちで。

小雨の中ではあったけれど、軽快なナレーションと独裁〜HEART OF SWORDなど流れる中、2台のバイクに先導され、ウッドペッカー2匹に挟まれてオープンカーに乗って現れた西川くん。

沿道の沢山の人の中、ライブ会場では見たことのないようなホンワカと善良な笑顔(笑)でニコニコと手を振る姿と状況がすごく愉快で、ちょっと大笑いしながらニコニコと手を振り返してみたり。

私の居た場所はスタート地点に近かったので、一周して戻ってくる場所でした。BGMがWHITE BREATH〜HOT LIMITなど流れつづけ、戻ってくるのを待っている沿道の人たちは曲に合わせて歌を口ずさむ人、振りをする人など思い思いに待機。

ところが、パレード開始から10分を過ぎた頃、そのBGMが途中で止まり、通常時にパーク内で流れているような曲に差し代わる。

パレードルート中盤の屋根のある部分にプレス用の枠が作られていたので、もしかしてそこをアピールポイントとして何かやったり(歌っちゃったり)してるのでは?!なんて、ヤキモキ。しかししばらくすると、先導していたはずのバイクだけが帰還。大門みたいなサングラスをして渋めにキメているのだけど、2台中1台がカーブを曲がりきれず転倒…。なかなかエンジンもかからず、やっと走り出せた時には沿道から拍手。ちょっとかっこ悪くなっちゃって気の毒だったのだけど、なんだか和やかな感じに。

で、西川くんは…?と思っていると、さっきまでは「後ろから戻ってきますので段に上がってお待ちくださいー」「道の横断はしないでくださいー」って警備スタッフに言われていたのに、遠くのほうから歩行者天国状態に。状況がわからず、スタッフの説明を小耳に挟むと、「危険防止のため中止になりました」と。待っていた人たちも、その場で解散状態に。

歓声や悲鳴などは全く聞こえなかったので、途中で人が溢れちゃったのかなぁと、状況がわからないままひとまず諦め、記者会見を遠巻きに見るべくピーターパンのネバーランド方面へ。ファンが周りを囲む中、特別鑑賞エリア内では取材用の機材(?)が撤収され、「悪天候の為、(この場所での開催は)中止」とのアナウンスが。うーん。雨も結構降っていたし、って、そのせいだけじゃないかもしれないけれど。残念。

その後、パーク内で会った友達数人に、「ひどいことになっていた」と、状況を聞かされてビックリ。自分達が見た後そんなことになっていたなんて。さらにその後、パーク内で西川くんから“重大発表”にについのアナウンスがあったらしい?とも聞き、いや、ゴハン食べてて全然聞いてないよー?!と。

自分がその状況を目の当たりにしていなかったので、実感がないのが幸か不幸か。
記念日を同じ場所で友達とワイワイ遊んで楽しかったねー、アトラクションもサクサク乗れたし、雨は冷たかったけど結構楽しかったね〜なんて、呑気なものでした…。

パレードの混乱は、状況を聞くにファンのマナーもUSJの警備体制も一般の野次馬感覚の全てが良くなかったんだろうなぁと思いました。混乱のあった屋根(アーケード)の下の場所は、雨もよけられるのでファンだけじゃなく興味本位の一般人も多かったんじゃないかな。

…わ、全然“一言”で済んでない!これから出かけなきゃなのにヤバイヤバイ。ではまた。


USJ関連掲載記事



05月13日
続・パレード

状況はわからなかったけど、最初の時点ではすごく柔らかい笑顔でニコニコ手を振ってたよー。


パレードは、

スタート地点付近で1回見たのだけど、もう1回戻ってくるはずが戻って来ず。
ん???と様子をみていると、危険防止のため途中で中止、と。。。

人が車に寄っちゃったのかな。。

記者会見も、悪天候のため中止。


お天気

現地13時、えと、雨がほぼ止んでます(笑。
スゴイ!さすが晴れ男!
明るいし、雲も薄いし大丈夫かなー…。


続・ USJ

ラジオ公録は、見切れそうなのとUSJっぽい雰囲気がない待ち時間が何となく淋しかったので退散。パーク内をウロウロ。

雨は小降りにならないねぇ。風もあるし。このままだと、モロモロ予定変更を余儀なくされる可能性も…。

西川くんも晴れるの祈ってるだろうなぁぁ。


わー

近い近い(笑


10 周年@ USJ

7時頃到着、9時ちょっと前に開園され、一路スタジオ前に(笑。

雨はたまーに小降りになりながらも降り続けてます。カッパのおかげかあまり寒くないのはよいのだけど、このあと雨が止んでほしいところ。


ニッポン放送へ。

[西川貴教のオールナイトニッポン 復活希望メッセージ]を受け付けています。

諸々は↓こちらで。

西川貴教のオールナイトニッポン 復活希望メッセージ


祝!T.M.Revolution10周年!

というわけで、仕事を終えて大阪に来ています。
友人宅にお邪魔してみんなでturbo-webのPC版&mobile版ををリロードリロード。

PC版は、なにやら画面の右上で読み込みっぱなしだなぁと思いながらしばら待つと、10年分の画像から背景が選べるように。mobile版は同じ(?)画像が待ち受け画像になっているのと、FROM TAKANORIのmobile用が動画とテキストで見られるように(私のFOMA端末ではうまく再生できず)。内容的には、mobile版もこれからもよろしくね&いいアイディアよろしくね&タボ君がリアルになっていくかも!?。と。って、…え、今日のパレード、タボ君の着ぐるみとか出てこないよね!?(笑)

そんなで、USJイベントが発表となっている今となっては、この時点で大きな発表もなく、サーバに繋がりづらい程度で割と落ち着いた感じで。

さ、この後どんなかな〜。
リアルに10周年て実感ないけど、西川君の言うように一年かけてじんわり実感。

というわけで、出先につき右上の“T.M.Revolution10周年まであと@日”が変更できず。



05月10日
T.M.Revolution 10th Anniversary Special Day@USJ

というわけで、仕切りなおし。

-------------
turbo-web側告知
-------------
T.M.Revolution 10th Anniversary Special Day詳細決定!!
2006年5月13日でデビュー10周年を迎えるT.M.Revolutionと
5周年を迎えたユニバーサル・スタジオ・ジャパンとの壮大なコラボレーションが始動!!

5月13日(土)ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにT.M.Revolutionが出現!!
T.M.Revolution 10周年を記念する重大発表有り!?

13:15〜
パーク内 MBSラジオ「U.K.ビートフライヤー」公開収録出演
15:40〜
T.M.Revolution デビュー10周年記念パレード実施

※詳細は随時追って発表します。
※時間は変更になる可能性があります。
※荒天の場合、パレードは中止となります。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
http://www.usj.co.jp

-------------
USJ側告知
-------------
●5周年のユニバーサル・スタジオ・ジャパン™ × デビュー10周年のT.M.Revolutionコラボレーション始動! 2006.5.10
5周年で盛り上がるユニバーサル・スタジオ・ジャパン™と、5月13日(土)にデビュー10周年を迎える人気アーティストT.M.Revolutionがそのアニバーサリーをお祝いして、パーク内をパレードした後、今後のコラボレーションイベントについて記者発表会を開催します。

■MBSラジオ公開収録(パーク内MBSラジオブースにて)
2006年5月13日(土)13:15〜13:45
■オープンカーパレード
2006年5月13日(土)15:40〜16:00
■記者発表会
2006年5月13日(土)16:15〜16:30

※この記者発表会はプレス向けのイベントとなります。エリア規制を設けて行なうイベントであるため、ご覧いただけない可能性があります。
※時間は変更になる可能性があります。
※天候によっては内容の変更・中止となる場合があります。

*

turboの方では、ラジオ公録とパレードの開始時刻が書かれているのに対し、USJ側では終了時刻まで掲載。これによると、ラジオ公録が30分、パレードが20分。プレス向けの記者発表会とやらの時間も書いてあるけれど、遠目に見られるかどうかって感じなのかな。これが15分。パレードは、“オープンカーパレード”との記載。荒天中止。

*

う。うぅ。うーん?
せっかくなので、行きますよー。…だけど、これ、楽しいのだろうか(笑。

10周年で、なんで特に縁があるわけでもないUSJ?
ラジオの公録…?
パレードって、どんな光景になるのか想像つかない…。
目の前を横切る西川くんに手を振ったり…?(あぅ
気持ち的に全然近くないし熱くない!

・今後のコラボレーションイベントについて記者発表会を開催
・T.M.Revolution 10周年を記念する重大発表有り!?

5/13を祝うというより、↑こっちの方がUSJ&turbo的には重要視(?)されているっぽい感じ。オリジナルアトラクションとかができるでもないだろうから(笑)、サマクラinUSJとかが無難な線かな。。。

しかし、

・壮大なコラボレーションが始動!!

…壮大…って。何っ!?

公録30分&パレード20分てとてもコンパクトだと思うのだけど、他にも何か予定されているのかナァ…。

ライブはやらんのかなぁぁぁ。

どちらにせよ、ギリギリすぎて、何とも、親切じゃないなぁ。


5/13 はユニバーサル・スタジオ・ジャパン ?!

turbo-webからメールが。

T.M.Revolutionが“出現”とか、10周年を記念する“重大発表”とか、MBSラジオ公開収録(MBS…)とか、パレード!?とか!?

なんか、いろいろ想定の範囲外…。
想定の範囲外っていうのが想定の範囲内なのか…(ん)

嬉しいのか嬉しくないのか微妙でありつつ、USJ乗っ取り気味が翌日の記事になるのは面白いかもと思いつつ、むむむ。



05月09日
MID-NIGHT 君の 声が聞きたくて

http://be-side.jp/
今の暫定サイトから、明日10日正式オープンとのこと。

そこまでこのサイトの動向に注目しているつもりはないのだけど、
前日のワクワク感という所だけみると、悪い気はしない。

会社のアレコレを終えて帰宅した変なテンションで今このサイトを見たら、
そこに(著作権無視と書かれながら/笑)引用された文字列に、突発的にじんわりさせられ。



05月08日
“指定されたURLは存在しません。”

ニッポン放送から、西川くんのオールナイトのサイトが削除されました。。(T_T)



05月07日
半・私信

大宮2日目は行ってましたが、アニフェスは昼夜とも不参加です。夜は行こうかなーと思ったのだけど、寸前(笑)でヤメ。



05月05日
大宮 1 日目終了!

アンコール2曲目が、10周年を語るにハズせないあの曲に!バンザーイ!超よかった!

…けど同時に、今回のツアーに欠かせないあの曲と入れ替え?!今日だけ!?



05月04日
続・「1000000000000 -billion-」ジャケットデザイン

…堯福陰◆

今、ジャケット画像見ました。
想像とちょっと違った、というか、
それよりも、奇しくも先に書いたSMAPの例が皮肉になってしまったような…。。。。。

いや、例えば極生とMIJ(@SMAP)とかね、見比べると、あ、とか。
こうじゃなければいいなというつもりで書いたのだけど(笑

キャー!

---
ap bank fes のTシャツもあった。<新旧BEST盤AD
http://www.apbank.jp/fes05/goods.html


「1000000000000 -billion-」ジャケットデザイン

ベスト盤の関連記事がYahoo!トップに載っていたとは!

TMR6・7ベスト盤発売…ジャケ写に有名アートディレクター起用@報知

報知新聞では確認しそびれたのでどんなジャケットか未確認。
グラデーション?キレイそうでいいねぇ。

佐藤可士和氏、言われてみれば聞いたことあるような…と検索したら、あ・なるほど、あのSMAPの(赤・黄・青の)ね。一連の作品、いいなと思うのと、(略)と思うのと。名前先行気味なのが気に懸かるけど、西川くんのがオリジナリティあるいい作品ならいいな。

---
ちなみに、前の★ベスト盤も一応有名なアートディレクターだったんだよーと(笑。

近々では、「男はソレを我慢できない」とかも。
http://www.otoko-sore.com/
http://blog.excite.co.jp/otoko-sore/



05月03日
新潟終了!

@まだ帰宅中

新潟、最高に楽しかった〜!
会場のせいか席位置のせいかわからないけど、今までは雰囲気で楽しんでた部分もあった1〜2曲目から西川くんの声の良さがダイレクトに聴こえて、これはいいんじゃないの!?と。

バラード群も最高に絶品。アップテンポ群もかなり集中して(?)楽しんじゃってた。トータルで最高(笑

ただ、もしかしたら私が先日書いた市原っぽいところもあったのかな?「もっと出るだろ?!」の煽りとか、反応を物足りなく感じていそうでもあり。…でも自分はめちゃめちゃ楽しんでたからいいんだけど(笑。

MCの後半での「みんながファンでいてくれることが誇り」と言ってくれたくだり、妙にジーンとさせられ。

あ、電池切れそうなのでひとまず送信。


a.b.s.近影

turbo-webのスタッフDIARY4/18分にa.b.sメンバーの写真が。
あの眼鏡、そのうち見慣れるかなぁ。

っていうか、早くライブなり音源なりが欲しいー!!!(笑



05月02日
abingdon boys school x READY OR ORDER

今日発売のmono マガジンに掲載のREADY OR ORDER -夢のコラボレーション企画-に、a.b.s.とのコラボ財布(abingdon boys school x READY OR ORDER)が。

どんなもんだろうかと立ち読みしたら、、、アラ、深い緑に金のステッチ、へぇぇ、普通にいい感じ。あのエンブレムも大きく入っている割に悪目立ち(?)してないし。最近西川的物欲はあまりないんだけど、これにはちょっと食指が…。

歌歌ってライブやってくれているのが一番好きなのは言うまでもないけど、こうやって他との接点を持つ軽やかなスタンスを持っているのもいいな。

他には清春さんのもあるんだね。…小さい頃、赤い財布はお金が逃げていくと親に言われてたっけ(笑。

#このコラボ企画内では手を出しやすい価格だとはいえ、a.b.s.モデルだけ早々に売り切れとはさすが。コラボキティの時もサーバーダウンさせてたもんね…アハ。




05月16日
「T.M.R. LIVE REVOLUTION’17 -20th Anniversary FINAL-」

06月06日
T.M.R. LIVE REVOLUTION'13 -UNDER:COVER2- NHKホール1日目

06月05日
T.M.R. LIVE REVOLUTION'13 -UNDER:COVER2- 座間初日・2日目

01月04日
武道館2Days終えてつらつらと

01月03日
T.M.R. NEW YEAR PARTY’11 LIVE REVOLUTION

03月24日
『ザ・ミュージックマンのオールナイトニッポンゴールド』終了

03月11日
『ザ・ミュージックマンのオールナイトニッポンゴールド』 ※追記あり

10月30日
恵比寿7Daysを終えて

10月23日
一夜明け。

10月22日
a.b.s.恵比寿7days & FC限定ライブ

09月23日
イナズマロックフェス メモ

09月20日
イナズマロックフェス

09月15日
T.M.R. LIVE REVOLUTION '08-'09 「転生降臨之章」 初日 群馬県民会館

06月01日
「コラソン de メロン」初日(舞台挨拶)

05月06日
“無敵バンド”とか

05月05日
memo)hide memorial summit

05月04日
雑記(hide memorial summit とか)
hide memorial summit (味の素スタジアム・5/3)

04月12日
映画とイベントと新曲と。

02月20日
a.b.s. JAPAN( ? ) TOUR 初日

01月01日
リアカン&HAPPY NEW YEAR!

12月23日
イヤカンとかもろもろ

11月18日
近況

10月17日
「abingdon boys school」

10月07日
近況

09月23日
turbo surf ’07 in ハワイ 【Dream Birthday Party】

09月22日
turbo surf ’07 in ハワイ 【Anniversary Special Day】
turbo surf ’07 in ハワイ 【Welcome Message Meeting】
turbo surf ’07 in HAWAII

08月07日
西川貴教のオールナイトニッポン

07月23日
MATCH UP'07 SUMMER SERIES

07月08日
LIVE EARTH

05月16日
HOWLING / NERVOUS BREAKDOWN

05月13日
T.M.Revolution 11th Anniversary

05月02日
R&R NEWSMAKER Mix Up! Vol.4 出演告知

05月01日
近況

03月14日
近況。

01月11日
2007年1月上旬

01月07日
…あけましておめでとうございます

12月20日
近況とか私信とか。

12月12日
T.M.R. YEAR COUNT DOWN PARTY LIVE REVOLUTION REMIX X

11月26日
ご無沙汰してます

08月18日
本日、武道館!

07月18日
近況) 6月中旬〜7月中旬

06月15日
NHKスペシャルドラマ「介護エトワール」

06月14日
「1000000000000-ビリオン-」オリオンウィークリーチャート1位

06月13日
続・続・西川貴教のANNについて
月光音楽団(後編)

06月12日
続・西川貴教のANNについて

06月09日
別注カドカワ 総力特集 西川貴教

06月07日
billion-ビリオン

06月06日
PJDX&月光音楽団(前編)

05月28日
長野公演メモ

05月27日
滋賀公演メモ

05月22日
続・続・ナニワらいぶ館
PJDX

05月21日
続・ナニワらいぶ館
ナニワらいぶ館@大阪

05月18日
近況諸々メモ

05月14日
10周年記念パレード@USJ


clip
iwai
nishikawa