レインコートはどのくらいの雨に耐えられる? 選び方~手入れ

画像:KiUブランドサイトから

というわけで、私が今の時点で学んだこと! その1

撥水は防水じゃない!

見るべきは耐水圧。そして透湿性。

…と書いておきながらなんですが、机上のことゆえ以下ご参考まで。

耐水圧 → どのくらいの雨に耐えられるか

今回のことを機にレインコートについて調べたところ、購入時に私がスルーしていた数値に重要な意味があったのだった。

まず、耐水圧という、どのくらいの雨に耐えられるかを表す数値。(小雨だろうと嵐だろうと、“レインコート”と名のつくものを着ていればいいんだと思っていたよ……)

というわけで、ブリヂストンスポーツ株式会社 のサイトを参考にしたところ、以下の数値が目安となるそう。

嵐 …… 20,000mm
大雨 … 10,000mm
中雨 … 2,000mm
小雨 …  300mm

よって、レイングッズを選ぶときの目安としては

小雨や小雪を凌ぐ程度:5,000mm
スキーやゴルフ:雨、雪にさらされるので最低10,000mm以上
登山など:命にかかわるので最低でも20,000mm

とのこと。

ちなみに、一般的な傘の耐水圧は250mm程度。本格的な「ゴアテックス」素材の耐水圧は、45,000mm以上らしい。

なお、これらの数値は初期の耐水圧であって、洗濯や使用時の摩擦で機能は少しづつ低下し永久ではない。

野外フェスに必要な耐水圧はどれくらいなのか

上の数値を踏まえて、じゃあ野外フェスで一日中雨にさらされることが予想される場合はどうすればいいのか。

もちろん、小雨なのか台風なのかで違ってはくるけれど、「小雨や小雪をしのぐ程度→5,000mm」という値をみると、さすがに小雨以上の雨に長時間あたるのを想定すると「10,000mm」程度は欲しいかなと思える。

ここであらためて私の持っていたレインポンチョを見てみる。

耐水性:5,000mm

おぉう……

納得のしっとり……

後日、300均などのレインコートを見てみると「嵐には耐えられない」「傘と併用することをおすすめする」という内容の注意書きがあった。
なるほど、レインコートを着ているのに傘をさしている人が会場(フリーエリア)にいたのはそういうことだったか。。

蛇足)
楽天ショップにあるKiUの商品紹介には「完全防水」の文字。「完全防水」の定義って一体……。口コミも「使うのが楽しみです」のような使用前の人のものが多く、あまり参考にならず。

透湿度 → 汗の水蒸気を外に出す度合

耐水圧が確認できたところで思ったのは、だったらビニール製の方が防水性が高いのでは?ということ。

まぁ安易にそう思ってしまったけれど、ビニールのように防水性が高い場合は汗をかいたりして中がビチャビチャになる可能性があるのだ。(2016年はその状態になりかけた)

というわけで、次に見ておきたいのが透湿度。ざっくり言うと汗の水蒸気を外に出す度合で、その目安となるのは

蒸れにくさ:最低でも5,000g以上、できれば8,000g以上
ベトベトになりにくさ:最低でも10,000g以上、できれば20,000g以上

だそう。とりあえず数値が大きいに越したことはないという感じ。

私のは無表示だったので、完全なビニール製よりまし程度なのかなぁ。

なおこちらも初期の数値なので永久ではない。

改めてKiUの仕様をみてみる

やや高性能? サードエディションというタイプもあった

私は直前に購入したのでネットショップではなく実店舗にあるものの中から選んだのだけど、改めてKiUのサイトを見てみるといくつかタイプがあるようだった。

このサードエディションというタイプ(参考→Amazon)はなんと耐水性が15,000mm透湿度も5,000gあるそうだ。なんだ!こっちの方がよいのでは!

……と思ったのだけど、こちらは前面がファスナーではなくかぶるタイプ。かつ、私の持っているタイプの重さが330gなのに対してこちらは420gある。

口コミでは今年の氣志團万博で着用した人の感想が参考になる(さらに、ゴアテックスでも浸みるとも書いてある。なるほど……)。

値段は4,860円くらいで、この記事を投稿した10月時点で22%OFFの3,799円で売っているところ(→Amazon)もある。結構変動していそうなのでご確認を。

ちなみに私がもっているタイプは4,644円の数%~10%OFF程度なので、4,000円を切らないかなという感じ。サードエディションの方が割引率が良くて結果安そう?

耐水性などについての説明ページもあった

今年の3月付けなので去年私が購入した時点でこのページはなかった、はず……と強がりつつ……

耐水圧・透湿性って何!?:http://kiu-worldparty.jp/lp/clothspec/

あれ……

このページへのリンクだけでよかっ………………

というわけで、私が今の時点で学んだこと! その2

耐水圧や透湿度の数値の見方がわかり、さらに商品の説明や口コミなどを見ていてわかったのは、結局のところ

購入時の数値は永久ではない

ということ。

↓でも触れますが、防水スプレーをかけたり傘と併用したりしながら上手に使っていければと思います。

傘をさせない場合、頭部についてはシャワーキャップでもかぶるのが一番手っ取り早そうではある(笑。

洗い方、お手入れ、しまい方

洗う

洗濯機で洗って大丈夫かなどは洗濯表示で確認を

洗濯機が故障する原因にもなるので、洗濯機での脱水もしない方がよい場合が多そう。

私はおしゃれ着用洗剤で手洗い→タオルで拭いて→陰干ししました。

しまう

付属の収納用バックにしまうと畳んだ折り目が劣化するかも?ということで、普段はハンガーにかけて収納し、持ち運ぶ際に畳んで収納用バックにいれるとよいようです。

(と書いておきながら、それも邪魔なので畳んでしまうかな~)

手入れ

使うにつれ撥水機能が低下するとのことなので(わかった/笑)、水弾きが悪くなってきたら防水スプレーをかけるクリーニング店で撥水加工をしてもらうとよいようです。

というわけで、次に使うときは事前に防水(撥水)スプレーをかけておきます!

追記

結局、防水スプレーをかけて、畳んで収納。次に着るときは念のため、もう一度スプレーをかけるつもりです。

メモ)ほかのブランドは?

ちょっとみたところ、スノーボードウェアのブランド43Degreesも数値的にはよさそう。

耐水圧 10,000mm
透湿性 8,000g/m
撥水 5,000mm

だけどこれでも口コミでは蒸れ蒸れとのコメントも。どちらにせよ夏の暑さの中、レインアイテムはつらいよね。

北海道の厳しい大地でも耐えうるアウターをコンセプトに、スノーボードウェアをバッグボーンとしながらもアーバンアウトドアに必要な、都会と自然を繋ぐプロダクトを展開。

Amazonでみる

ちなみにこちらはかぶりタイプのポンチョで重さ530g。

スポンサーリンク
スポンサーリンク